左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2020年01月18日

中学入試 激励風景2020:「江戸川学園取手中」

 1月17日は、江戸川学園取手中の第1回入試が行われました。応募コースは、東大ジュニアコース、医科ジュニアコース、難関大ジュニアコースの3つのコースに分かれています。なお、東大ジュニアコースと医科ジュニアコースは難関大ジュニアコースへのスライド合格制度があります


 合格発表本日1月18日にありました。学校のホームページに公開されているデータによれば、応募者総数816名受験者総数794名合格者総数が400名でした。昨年度と比較すると、応募者総数13名の増加受験者総数22名の増加合格者総数18名の増加でした。


 江戸川学園取手中の第2回入試1月25日に行われます。


 エクセレントゼミナールの生徒の過去の江戸川学園取手中の累計合格実績は84%(120名受験101名合格)です。


東大ジュニアコース
応募者数
男子185名 女子136名 合計321名
受験者数
男子180名 女子130名 合計310名
合格者数
男子 67名 女子 31名 合計 98名
倍率 3.2倍

医科ジュニアコース
応募者数
男子124名 女子117名 合計241名
受験者数
男子122名 女子116名 合計238名
合格者数
男子 34名 女子 38名 合計 72名
倍率 3.3倍

難関大ジュニアコース
応募者数
男子143名 女子111名 合計254名
受験者数
男子140名 女子106名 合計246名
合格者数(スライドを含む)
男子129名 女子101名 合計230名
※ スライド合格158名を含む
倍率 3.4倍

 では、写真にて激励風景をお楽しみ下さい。

R02-edotori-200117nyushi01.jpg
受験生がやってきました。

R02-edotori-200117nyushi02.jpg
ここで上履きに履き替えます。

R02-edotori-200117nyushi03.jpg
続々と受験生がやってきました。

R02-edotori-200117nyushi04.jpg
裏門です。
posted by 主宰 at 20:00| Comment(0) | 中学入試 激励風景2020

2020年01月11日

中学入試 激励風景2020:「春日部共栄中学校」

 1月10日は、中学入試においては埼玉県の主だった中学校の第1回入試が行われます。栄東中A日程(四谷男子80%偏差値が57、女子80%偏差値が59)、大宮開成中特待(四谷男子80%偏差値が55、女子80%偏差値が57)、開智中1回(四谷男子80%偏差値が54、女子80%偏差値が56)、大宮開成中1回(四谷男子80%偏差値が52、女子80%偏差値が54)、西武文理中特選特待(四谷男子80%偏差値が49、女子80%偏差値が50)、西武文理1回特選(四谷男子80%偏差値が47、女子80%偏差値が48)、春日部共栄中1回(四谷男子80%偏差値が41、女子80%偏差値が42)などの入試が行われました。

 例年この日は、エクセレントゼミナールの生徒たちは柏から通いやすい春日部共栄中学校を受験します。今年度は午前のみ激励に行ってきました。

 合格発表入試当日にありおかげさまでエクセレントゼミナールの受験生は5名全員合格(特待合格4名を含む)をいただきました。ちなみに、エクセレントゼミナールの今までの受験生たちの累計合格実績は・・・・・84名受験して73名合格(合格率87%)です。

 それでは、写真にて激励風景をお楽しみ下さい。

R02-kasukyo-200110nyushi01.jpg
スクールバスが、春日部駅前で受験生を待っていました。

R02-kasukyo-200110nyushi02.jpg
朝早くから、塾の先生が受験生の到着を待っていました。

R02-kasukyo-200110nyushi04.jpg
スクールバスが到着すると、受験生たちがぞくぞくとやってきました。

R02-kasukyo-200110nyushi03.jpg
塾の先生の激励を受け、受験会場に向かう受験生たちです。
posted by 主宰 at 20:00| Comment(0) | 中学入試 激励風景2020

2020年01月09日

中学入試 激励風景2020:「常総学院中一般入試」

 1月に入り、首都圏中学入試(一般入試)が始まりました。先陣を切るのは茨城県の私立中学校で、1/5東洋大学附属牛久中学校1/6土浦日本大学中等教育学校1/7常総学院中学校の入試が行われました。

 今日は、「中学入試 激励風景2020 常総学院中一般入試」の激励風景をお伝えします。常総学院中学校の第1回一般入試は、常総学院中学校本校・取手会場(取手ウェルネスプラザ)の2会場で実施されました。今年度も、昨年度から新たに取手会場となった取手ウェルネスプラザに激励に行ってきました。

 合格発表は、1/9にあり、おかげさまでエクセレントゼミナールの受験生は8名全員合格(特待合格3名を含む)をいただきました。ちなみに、エクセレントゼミナールの今までの受験生たちの累計合格実績は・・・・・169名受験して165名合格(合格率98%)で、その中には49名の特待合格者が含まれています。

 さて、前置きはこのぐらいにして・・・・・写真にて、新たに取手会場となった取手ウェルネスプラザでの激励風景をお伝えします!!

R02-joso-200107nyushi01.jpg
取手会場の取手ウエルネスプラザです。

R02-joso-200107nyushi02.jpg
入学試験会場の看板です。

R02-joso-200107nyushi04.jpg
奥が受付になっています。

R02-joso-200107nyushi05.jpg
受付をしている受験生です。

R02-joso-200107nyushi06.jpg
試験開始を待つ保護者の方々です。
posted by 主宰 at 20:00| Comment(0) | 中学入試 激励風景2020

2019年12月25日

重大ニュース2019 その6:理科関連の時事問題その2 

 今回は理科関連の時事問題のうち、自然災害、他を掲載します。それでは、いつものように簡単なテストで確認してみましょう!!



 「重大ニュース2019 その6:理科関連の時事問題その2 問題」


@2019年8月26日から8月29日にかけて九州北部で大雨が降りました。秋雨前線の停滞によって、線状降水帯が発生し、記録的な大雨になりました。気象庁は、8月28日に九州北部の3県に「大雨特別警報」を発表しましたが、この大雨で「大雨特別警報」が発表されていない県を次のア〜エから選びなさい。

 ア:長崎県
 イ:佐賀県
 ウ:福岡県
 エ:大分県


A2019年9月9日、台風15号が上陸し、首都圏に大きな被害をもたらしました。特に風が強かったため、送電線の鉄塔が倒れ、広い範囲で長い間停電となりました。特に大きな被害をうけた都県を次のア〜エから選びなさい。

 ア:東京都
 イ:神奈川県
 ウ:千葉県
 エ:埼玉県


B2019年5月26日、北海道の佐呂間市で39.5度が観測されました。5月の北海道では、観測史上初となりました。最高気温が35度以上になる日を次のア〜エから選びなさい。

 ア:猛暑日
 イ:真夏日
 ウ:夏日
 エ:熱帯夜


C2019年8月7日、浅間山(長野県・群馬県)で噴火がありました。今回の噴火は小規模でした。また、現在火山活動が活発な桜島は、噴火警戒レベル3(入山規制)となっています。日本には狭い国土の中に多くの火山がありますが、現在の日本の活火山の数を次のア〜エから選びなさい。
     
 ア:108
 イ:109
 ウ:110
 エ:111



D2019年6月3日、日本とロシアの共同研究チームがロシアのシベリアの永久凍土から、ある動物を氷づけの状態で発見したことを発表しました。ある動物の1つはオオカミですが、もう1つの動物を次のア〜エから選びなさい。

 ア:トラ
 イ:ライオン
 ウ:ヒョウ
 エ:チーター




 成績はいかがでしたか? 大雨に関しては、「線状降水帯」などの用語も要チェックです。 重大ニュース2018 その6」 「重大ニュース2017 その7」 「重大ニュース2015 その6」 も参考にしてください。

 この記事が参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!



 「重大ニュース2019 その6:理科関連の時事問題その2 解答と解説」



@・・・・・「大雨特別警報」は、長崎県、佐賀県、福岡県の3県で発表されました。1時間雨量では佐賀県の佐賀市、白石町で観測史上1位を記録しました。また、7月20日には、長崎県の五島と対馬市に「大雨特別警報」が発表されています。


A・・・・・この台風は東京湾に沿って北上したため、台風の東側の地域の千葉県に大きなが被害が出ました。千葉市では最大瞬間風速が観測史上1位となる秒速57.5mを記録しました。


B・・・・・猛暑日は最高気温が35度以上の日、真夏日は最高気温が30度以上の日、夏日は最高気温が25度以上の日、熱帯夜は最低気温が25度以上の日です。


C・・・・・2017年に栃木県の男体山(なんたいさん)が過去1万年以内に噴火があったことが確認され、活火山と認定されました。これによって、日本の活火山は111となりました。気象庁はそのうちの50の活火山を常時観測火山としています。


D・・・・・もう1つは約3万年前のものとされる「ホラアナライオン」の赤ちゃんで、体長は約40p、体重は約800gです。「ホラアナライオン」は、1万年前に絶滅したと考えられています。「オオカミ」も約3万年前のもので、頭部が見つかっています。どちらも、保存状態がよく、筋肉や脳などの臓器も残っています。
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 重大ニュース2019

2019年12月19日

重大ニュース2019 その5:理科関連の時事問題その1

 今回は理科関連の時事問題のうち、宇宙関連などを中心に掲載します。理科関連の時事問題を出題する学校は年々増えていますから、東邦大学付属東邦中のように毎年出題する学校以外にも出題されることもあると思います。受験生の皆さんは特に注意をしておきましょう。それでは、いつものように簡単なテストで確認してみましょう!!



 「重大ニュース2019 その5:理科関連の時事問題その1 問題」


@2019年2月22日に、日本の小惑星探査機が、小惑星「リュウグウ」に1回目の「タッチダウン」に成功しました。「タッチダウン」の目的は「リュウグウ」の表面に接地し、石や砂などのサンプルを採取することです。2回目の「タッチダウン」は7月11日に成功しました。この日本の小惑星探査機を次のア〜エから選びなさい。

 ア:こうのとり
 イ:H−UA
 ウ:H−UB
 エ:はやぶさ2


A2019年4月10日、国際研究チームがある天体の撮影に初めて成功しました。このプロジェクトは「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」と名付けられ、ハワイ、アメリカ、スペインなど、世界の8つの電波望遠鏡を使って行われました。この天体の名称を次のア〜エから選びなさい。

 ア:ブラックホール
 イ:ホワイトホール
 ウ:中性子星
 エ:重力波


B2019年5月20日、ある単位の定義が130年ぶりに変更になりました。今までの基準は、フランス・パリ郊外にある「国際度量衡局(こくさいどりょうこうきょく)」にある白金とイリジウムの合金でできた原器でした。この単位を次のア〜エから選びなさい。

 ア:メートル(m)
 イ:キログラム(kg)
 ウ:秒(s)
 エ:アンペア(A)


C2019年10月9日、旭化成名誉フェローである人物がノーベル化学賞を受賞しました。受賞の理由は「リチウムイオン電池の開発」です。リチウムイオン電池とはパソコンやスマートフォンなどで使用されている充電ができる二次電池のことです。このノーベル化学賞を受賞した日本人の名前を次のア〜エから選びなさい。

 ア:根岸英一(ねぎし・えいいち)
 イ:鈴木章(すずき・あきら)
 ウ:吉野彰(よしのあきら)
 エ:下村脩(しもむらおさむ)


D2019年9月、北海道むかわ町で約7200万年前の白亜紀後期の地層から発見された恐竜、通称「むかわ竜」と呼んでいましたが、新属新種であるとして学名が命名されました。この「むかわ竜」の学名を次のア〜エから選びなさい。

 ア:タンバティタニス
 イ:コシサウルス
 ウ:フクイベナートル
 エ:カムイサウルス



 成績はいかがでしたか? ここ数年、毎年のように日本人がノーベル賞を受賞しています。過去の受賞者なども確認しておくと良いでしょう。また、2019年は「部分日食」が2回ありましたので、日食についても確認しておくと良いでしょう

 この記事が参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!



 「重大ニュース2019 その5:理科関連の時事問題その1 解答と解説」



@・・・・・「はやぶさ2」はミッションを成功させ、2020年12月に地球に帰ってくる予定です。「こうのとり」は国際宇宙ステーション(ISS)に荷物を運ぶ補給機です。「H−UAロケット」と「H−UBロケット」は人工衛星を打ち上げるロケットです。「H−UBロケット」の方が「H−UAロケット」より大型のものを打ち上げることができ、「こうのとり」は「H−UBロケット」で打ち上げられます。


A・・・・・ブラックホールとは、物質だけでなく光さえも抜け出せない、非常に強い重量を持つ星のことです。撮影したブラックホールは直径約400億キロメートルで、太陽系全体を上回る巨大さです。重力は太陽の65億倍もあります。「重力波」は「ブラックホールどうしの衝突合体」や、「超新星爆発」などが起こったとき、時空をゆがめて波のように宇宙空間を伝わっていく現象で、2017年にノーベル物理学賞を取ったLIGO(ライゴ)が初めて観測しました。


B・・・・・今回、キログラム(kg)の定義が変更され、「プランク定数」をもと定義されるようになりました。「メートル」の定義は、1983年に見直され、光の速さをもとに定義されることになりました。また、国際単位系(SI)とは国際的に定めた単位系で、SI基本単位として7つあり、メートル(m)、 キログラム(kg)、 秒(s)、アンペア(A)はそのうちの4つである。


C・・・・・根岸英一(ねぎし・えいいち)氏と鈴木章(すずき・あきら)氏は、2010年に「クロスカップリングの開発」でノーベル化学賞を受賞、下村脩(しもむらおさむ)氏は、「緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と生命科学への貢献」でノーベル化学賞を受賞しています。


D・・・・・学名は「カムイサウルス・ジャポニクス」で、「日本の竜の神」という意味です。全長約8メートルの大きさがある国内最大級の恐竜で、全身の約8割が保存されている恐竜化石です。タンバティタニスは兵庫県で発見された恐竜で、2014年に命名されました。コシサウルスは福井県で発見された恐竜で、2015年に命名されました。フクイベナートルは福井県で発見された恐竜で、2016年に命名されました。
posted by 主宰 at 14:00| Comment(0) | 重大ニュース2019