左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2015年05月30日

塾対象説明会レポート:本郷中学校

 本郷中学校・高等学校は、豊島区駒込にある男子の中高一貫校です。最寄駅はJR山手線の巣鴨駅で、巣鴨駅から徒歩3分と交通の便の良いところにあります。2012年の1月末に新4号館が完成し、1階に多目的ホール、2・3階には技術室、美術室・工芸室が入り、「ものづくり」の中心的な校舎となっています。2012年度より2号館を解体し、地下に1000人規模の大講堂を設けた地上5階建て校舎が、2014年1月に完成しました。今回の説明会も2号館の講堂で行われました。

hongo20150512-01.jpg

説明会が行われた新2号館の講堂です。


 教育内容としては、「文武両道」「自学自習」「生活習慣の確立」教育方針として、自分の意見をきちんと人に話すことのできる生徒の育成をめざしています。

 中学では学力均等のクラス編成で、学校生活のベースを築くとともに、学力の定着をはかります。高校2年次からは、高入生との混合クラス編成となり、特進コース(文科・理科)・進学文科コース・進学理科コースに分かれます。

 6年間の学習内容を5年間で修了し、高校3年次を丸ごと受験対策演習にあてられるように、先取り授業を実施しています。高校3年生では、学校設定科目としての受験講座が正規の時間割の中に組み込まれています。

 また2011年度入学生より中学校3年生での「卒業論文」を課しています。自分の興味、関心を掘り下げて考え、他人に理解してもらえるように自分の研究をまとめることによって、主体的に学習姿勢と他者認識を基盤としたコミュニケーション能力を育むことを目指しています。中学2年の後半からテーマ選択、論文の執筆作法などの準備を重ね、中学3年の卒業時にまとめています。

 このように、6年間をかけて児童からたくましい青年へと心身共に成長するよう、確かな教育理念に基づいて生徒の指導にあたっています。


 なお、エクセレントゼミナールの生徒の本郷中の累計合格実績は・・・・・67%(6名受験4名合格)です。


hongo20150512-02.jpg

人工芝のグラウンドです。奥に見えるのが新2号館です。


平成27年度中学入試結果
応募者数
2/1 第1回 415名(H26年度  308名、H25年度  635名)
2/2 第2回1020名(H26年度  691名、H25年度  424名)
2/5 第3回 777名(H26年度  662名、H25年度  540名)

受験者数
2/1 第1回 398名(H26年度  292名、H25年度  566名)
2/2 第2回 869名(H26年度  544名、H25年度  280名)
2/5 第3回 526名(H26年度  431名、H25年度  324名)

合格者数
2/1 第1回 149名(H26年度  128名、H25年度  339名)
2/2 第2回 331名(H26年度  285名、H25年度  128名)
2/5 第3回  88名(H26年度  102名、H25年度  115名)
※ H25年度は、第1回 2/2、第2回 2/3、第3回 2/5

合格最低点(350点満点)
2/1 第1回 194点(H26年度 219点、H25年度 180点)
2/2 第2回 198点(H26年度 199点、H25年度 210点)
2/5 第3回 216点(H26年度 201点、H25年度 176点)

受験者平均点(国語100点、算数100点、社会75点、理科75点)
2/1 第1回 国語58.2点、算数48.5点、社会44.7点、理科31.4点
2/2 第2回 国語51.1点、算数48.1点、社会50.4点、理科35.7点
2/5 第3回 国語53.7点、算数49.3点、社会40.8点、理科34.9点

合格者平均点
2/1 第1回 国語63.8点、算数60.0点、社会48.4点、理科37.2点
2/2 第2回 国語59.1点、算数62.8点、社会55.1点、理科43.2点
2/5 第3回 国語64.8点、算数70.8点、社会50.2点、理科45.7点

繰り上げ合格者数
2/1 第1回 14名(H26年度 11名、H25年度  7名)
2/2 第2回  5名(H26年度  6名、H25年度 11名)
2/5 第3回  1名(H26年度 10名、H25年度  6名)
3回分合計   20名(H26年度 27名、H25年度 24名)
繰り上げ合格の連絡は、2/6の15時から開始し、2/18で終了した。それぞれの回の合格最低点に近い受験生から、電話により連絡をした。その際、複数回実受験者を優遇した。

入学者数
2/1 第1回 137名(H26年度 117名、H25年度 114名)
2/2 第2回  72名(H26年度  66名、H25年度  72名)
2/5 第3回  48名(H26年度  59名、H25年度  60名)
3回分合計   257名(H26年度 242名、H25年度 246名)

特待生
 14名中0名入学(H26年度 11名中2名入学、H25年度 17名中2名入学)

・不合格者には点数を公表して、再受験する際の目安となるようにしている。

hongo20150512-04.jpg

1号館です。


平成28年度中学入試について
第1回 2/1  80名募集 4科目 
第2回 2/2 120名募集 4科目
第3回 2/5  40名募集 4科目

・入試日程・募集人員・合否発表・手続締切に変更点はありません。
・繰上合格は、複数回実受験者を優遇する。
・帰国子弟の受入優遇(5点加算)
《条件》1年を超える期間海外に在留し、帰国後3年以内の日本国籍の者。
提出書類・海外在住期間と保護者が同伴していることを会社が証明した書類
(出願時に提出)


平成27年度大学入試結果(合格者数)
国公立大…88名(H26年度 91名)
 東京大9名、京都大4名、一橋大7名、東京工業大10名、東京医科歯科大1名、東京農工大3名、電気通信大2名、東京学芸大2名、首都大東京10名、横浜国立大1名、千葉大6名、埼玉大2名、筑波大5名、北海道大5名、東北大5名 等
私立大
 早稲田大165名、慶應義塾大93名、上智大57名、東京理科大106名
 早慶上理計…421名(H26年度 478名)
 明治大154名、青山学院大7名、立教大38名、中央大44名、法政大46名、学習院大17名
 GMARCH計…306名(H26年度 366名)
医学部医学科23名
卒業生数303名

hongo20150512-03.jpg

正門です。


最後に説明会・学校見学・行事の紹介です。
学校説明会  *予約不要
 9月 6日(日) 10:30〜  講堂 終了後 校内見学
10月10日(土) 14:00〜  講堂 終了後 校内見学

入試説明会(入試問題傾向解説あり)  *予約不要
11月 5日(木) 10:30〜  講堂 終了後 授業見学
11月28日(土) 14:00〜  講堂 終了後 校内見学

夏休み見学会  *7月からインターネット予約開始
 7月19日(日)   @10:30〜 A14:00〜  
・親子見学会   *12月からインターネット予約開始
12月23日(祝)   @10:30〜 A14:00〜 

行事
 体育祭 6月10日(水) グラウンドにて中高合同で実施
 本郷祭 9月19日(土)・20日(日) 
本校にて中高合同で実施 入試相談コーナー設置

 以上です。このレポートが参考になった方は応援クリックをお願いします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2015

2015年05月26日

合否を決める一問:「H26 開成中学校 算数 3」問題と解答

 今回は「H26年度 開成中学校 算数 3番」です。この問題は時計算の応用の問題です。この問題の世界では、1日が10時間(午前5時間、午後5時間)、1時間が25分ですから、通常の時計とは違っていますので、まず、短針、長針が1分で何度進むのかを求めましょう。それでは、がんばって解いてみて下さい!

26-kaisei-03-q01.jpg
26-kaisei-03-q02.jpg
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2015年05月23日

第一志望合格への学習スケジュール2015

 エクセレントゼミナールでは、父母向け無料公開セミナー「中学受験の基礎講座 第4回:第一志望合格への学習スケジュール」を6月13日(土)10:30〜12:00で開催いたします。

 何度か「中学受験の基礎講座」にご出席頂いている方はご存知だと思いますが・・・・・今回のテーマは、中学入試で重点的に出題される単元を把握して学習に生かしたい方を対象とした内容となります。

 面談時に父母によく相談される質問は・・・・・

「前に学習した単元が定着していないようなのですが・・・・・積み残しが心配なんです・・・・・応用よりも基本をやり直させたほうが良いのではないでしょうか?」

 「前の復習をするのに、何からどう手をつけたら良いのでしょう??」

 「過去問にはいつ頃から手をつけたら良いのでしょう? そして、どういう順番で演習したら良いのでしょう?」

 「勉強時間が少ない気がするのですが、このままで大丈夫なのでしょうか?」

 というようなものです。つまり受験勉強が佳境になると、あれもできていない、これも苦手、これからの勉強スケジュールをどう立てたらいいのだろう、というお子さんの学習面に対する父母の不安が増大するわけです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

ズバリ言えば、「入試に良く出題される重点単元を補強」し、「入試までの学習スケジュールに見通しを立て」て、「志望校の過去問の得点力をつけ」ればいいのです。

 しかし、父母の皆さんのほとんどは、入試のプロではありませんから、「何が入試に良く出題されるのか」や「どの時期に何を目標にして勉強するか」がわかっていないことが多いわけです。

 そして、最悪のパターンだと・・・・・早めに志望校の過去問に取り組んだ結果、合格最低点に届かない子どもを責め、自信を失わせ、しかも親ばかりが焦る結果になります。

 手順を間違えたり、調理時間を間違えたりすると、同じ材料を使ってもとんでもない料理になることがありますよね?

 中学受験の場合は、受験生が小学生ですから、受験勉強で何をどうやれば・・・・・というのは全く想像がついていないといっても過言ではありません。だからこそ、御父母の皆さんが正しい指標を持ち、火加減をうまく見てあげる必要があるのですが・・・・・最初のお子さんの中学受験のときはほとんどの方がうまくサポートできないのが普通です。

ですから今回は、どのタイミングで志望校の過去問に手をつけるかや、どのような単元に重点をおいて復習をするのか、などの学習に関する悩みに焦点を絞って、プロの技を伝授するセミナーとなります(笑)

なお今回のセミナーの場を借りて、2015年夏期講習の説明もさせていただきますので、塾生以外の方はあしからずご了承くださいますようお願いいたします。

 「中学受験の基礎講座」はどなたでも受講可能な無料公開セミナーです。参加ご希望の方は、参加申込書をダウンロード(http://www.ex-semi.com/seminar_04.pdf)してからプリントアウトし、申込書に記入後、エクセレントゼミナールへFAX(04−7148−4617)していただければお申し込み受付が完了いたします。もちろん、お電話(04−7148−4619)でも参加申し込みを受け付けております(午後2時〜9時30分)。資料や会場準備の都合がありますので、セミナー前日の6月12日(金)までにお申し込みのほどよろしくお願い申し上げます。 この記事が参考になった方は応援クリックをよろしくお願いいたします!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ

2015年05月21日

塾対象説明会レポート:跡見学園中学校

 跡見学園中学校は、文京区大塚にある女子の中高一貫校です。丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩2分、都心とは思えない広々とした敷地に、吹き抜けの6階建て校舎、地下2階の温水プール、大小のアリーナ、など素晴らしい設備に目を奪われてしまいます

 跡見学園は明治8年(1875年)、大阪出身の跡見花蹊(かけい)によって創設されました。幕末から明治維新を経て、移りゆく時代の中、その生涯を時代とともに生きる女性の育成に捧げてきました。どの時代においても「学問する」ということは知識や教養を深めるということだけではなく、強く生きるための「人間力」を鍛えます。その跡見花蹊の理念に基づき、数年後に控えた大学受験をきっかけに「学ぶ」ということの意味を考え、「学ぶ」ことによって自分自身を鍛えることの意義を実感することが出来るはずと考え、様々な取り組みを進めております。

 来年度より「KAKEI INDEPENDENT CLASS」と「ATOMI PRINCIPLED CLASS」の2つのクラスになります。「KAKEI INDEPENDENT CLASS」世界にはばたく女性を目指し、大学は国公立、早慶上理、医薬系大学への進学を目指すクラスです。「ATOMI PRINCIPLED CLASS」誠実で信念のある女性を目指し、大学はGMARCH以上の希望する進路に対応するクラスです。

atomi20150423-01.jpg

跡見学園の正門です。


平成27年度中学入試結果
志願者数
一般
2/1 第1回 266名(H26年度 255名、H25年度 268名)
2/2 第2回 366名(H26年度 471名、H25年度 504名)
2/3 第3回 460名(H26年度 542名、H25年度 463名)
帰国生
 25名(H26年度 39名、H25年度 29名)

受験者数
一般
2/1 第1回 239名(H26年度 230名、H25年度 234名)
2/2 第2回 180名(H26年度 263名、H25年度 297名)
2/3 第3回 115名(H26年度 184名、H25年度 132名)
帰国生
 25名(H25年度 28名、H24年度 27名)

合格者数
一般
2/1 第1回 155名(H26年度 139名、H25年度 122名)
2/2 第2回 133名(H26年度 173名、H25年度 149名)
2/3 第3回  71名(H26年度  72名、H25年度  84名)
帰国生
 25名(H26年度 36名、H25年度 28名)

受験者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
2/1 第1回 国語70.3点、算数61.8点、社会27.8点、理科28.9点
2/2 第2回 国語56.8点、算数54.0点、社会29.2点、理科27.4点
2/3 第3回 国語59.6点、算数59.9点、社会30.1点、理科26.3点

合格者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
2/1 第1回 国語75.5点、算数70.6点、社会30.4点、理科31.7点
2/2 第2回 国語61.1点、算数60.5点、社会31.6点、理科29.5点
2/3 第3回 国語66.3点、算数69.7点、社会34.5点、理科31.4点

合格者最低点(300点満点)
一般
2/1 第1回 180点(H26年度 197点、H25年度 162点)
2/2 第2回 150点(H26年度 178点、H25年度 158点)
2/3 第3回 161点(H26年度 208点、H25年度 143点)

各科目からの出題のねらい・ポイント
国語(100点 50分間)
・文学的文章、説明的文章、語句問題(ことわざ・漢字)昨年度と同様、バランスよく出題。
・文学的文章は受験生にとって親しみやすいものを選択。
・記述、論述の力を問う。

算数(100点 50分間)
・計算、1行問題、大問2問の昨年度と同じ構成と分量。
・大問1(4)単位換算、大問2 食塩水などをシリーズに。
・大問3 資料の調べ方を特集(大学入試新課程を見据えて)。

理科(50点 社会と合わせて50分間)
・物理・化学・生物・地学の4分野からまんべんなく出題。
・基本知識の確認および基本的な計算問題を中心に出題。
・各回に、文章で答える問題や図やグラフを読み解く問題を出題。
・日常生活の中で体験したことを、理科の知識につなげられることが好ましい。

社会(50点 理科と合わせて50分間)
・歴史・地理・公民の三分野から出題。
・文章・言葉で説明する問題の増加。
・基本問題を中心に、時事問題も出題。

atomi20150423-02.jpg

左側が校舎、右側が講堂やプール、アリーナです。


平成27年度大学入試結果
国公立大…8名(H26年度 14名)
 お茶の水女子大1名、埼玉大2名、横浜国大1名、横浜市立大2名 等
私立大
 早稲田大29名、慶應義塾大4名、上智大21名、東京理科大7名、早慶上理計61名
 明治大41名、青山学院大27名、立教大34名、中央大10名、法政大31名、学習院大26名、GMARCH計169名
卒業生数254名

atomi20150423-03.jpg

グラウンドです。


 最後に、次回の学校説明会7月11日(土)10:30〜12:20クラブ見学会6月13日(土)14:30〜16:00に行われます。詳細は http://www.atomi.ac.jp/jh/entranceguide/explanation/ まで。

 以上です。このレポートが参考になった方は応援クリックをお願いします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2015