左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2015年08月29日

文化祭・学校説明会活用法

 夏休みも終わりに近づき、新学期が始ろうとしています。どこの学校でも、これからの時期は運動会や文化祭、そして学校説明会などのイベントが目白押しです。受験学年はもちろん、小4や小5の早い時期から志望校を訪れる良い機会がこれらのイベントです。

 エクセレントゼミナールでは今年も、来る9月12日(土)の10:30〜12:00で、「中学受験の基礎講座 第6回 文化祭・学校説明会活用法」という父母向け公開セミナーを開催いたします。

このセミナーでは、

 @複数回実施される学校説明会ではどの回に参加すべきか?

 A校内見学ではどこを見るか?

 B個別相談会では何を相談するか?

 C学校説明会で何を聞くべきか?

 D文化祭ではどこを見るのか?

 などのコツを説明していきます。なぜそんな話を? と思われる方も多いかもしれませんが・・・・・特に文化祭ではその学校が力を入れて取り組んでいるテーマ(たとえば地球環境についてのレポートなど)が発表されており・・・・・当然、それらを指導している先生が入試問題を作る可能性が高いわけですから・・・・・・レポートのテーマが入試問題に反映されることもあるのです。そのため、文化祭は受験生の親にとっては情報収集のための良い機会なので・・・・・せっかく行くからには、アンテナを張り巡らしておく必要があるわけです。

 また資料として、今年の各学校のイベントスケジュール一覧表、男女別イベントカレンダー、学校説明会時記入用フォーマット用紙を配布いたします。今後開催される学校説明会をフル活用するために使える資料となっておりますので、参加ご希望の方は(http://www.ex-semi.com/seminar_06.pdf)にアクセスして、参加申込書にご記入の上、FAX(04−7148−4617)してください。

 もちろん参加無料の公開講座ですから、エクセレントゼミナール塾生以外の方であっても参加できます。多数の皆様のご参加をお待ちしております!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ

2015年08月25日

合否を決める一問:「H26 洗足学園中学校 第1回 算数 4」問題と解答

 この問題は、正方形の対角線を利用する典型的パターン問題です。小学生は意外と正答できないので、合否を分ける設問として頻出ですが・・・この問題は図形を分割すれば簡単に解けそうですね。頑張ってチャレンジしてください!!

26-senzoku-01-05-q01.jpg
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2015年08月22日

塾対象説明会レポート:足立学園中学校

 足立学園中学校は、足立区千住旭町にある男子の中高一貫校です。JR常磐線や、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス、東京メトロ千代田線の北千住駅から徒歩2分と、交通の便の非常に良いところにあります。足立学園中学校は、足立の地に中等教育の場をという地域の熱意に応え、1929年に創立されました。2007年には、耐震設備に力を入れた新校舎が完成しました。新校舎には12教室分の広さを持つ座席数268席の自習室があり、年間を通して朝7時から夜8時まで利用できます。また、食堂も開放していますので、自習する環境は整っています。体育館は、地上4階、地下1階、屋上(5階)にはテニスコートもあります。

 足立学園中学校では、教育目標「自ら学び 心ゆたかに たくましく」を以下の「教育活動の3本柱」に具体化して取り組んでいます。
1.希望する大学への現役合格、進学実績の向上
 足立学園で平均的な学力を持つ生徒が現役でGMARCHに合格できるよう、毎年東大合格が出るように学力を育みます。
2.豊かな感性、社会性・協調性を身につけた人格の形成
 他人への思いやりが持てて、一生涯付き合える人間関係を育みます。
3.強くたくましい男子らしい男子の育成
 勇気と決断力・忍耐力、いざという時に周囲の力になれる人材を育みます。

 足立学園の教育の特色は、6年間で効率的かつ効果的に学べる中高一貫カリキュラムです。
 中学1、2年生では、英語科は、毎週の単語テストや、8回分をまとめた足立学園スペリング検定を実施しています。数学科は単元ごとの学力確認テスト、国語科は毎月の漢字テストを実施しています。単元ごとの学力確認テスト等で合格できなかった生徒に対して、追試や補習を行い、合格点がとれるようになるまで指導し、授業についていけない生徒を出さないようにしています。
 中学3年生英語・数学の授業を、グレード別少人数制授業で行っています。
 高校1年生より文系・理系に分かれるだけでなく、学力に応じて特別クラス・選抜クラス・一般クラスに分かれます。
 高校2年生からは、学力や進路に合わせて、国立・私大選抜・一般文系・一般理系の4つのコースに基づいて学級編成をします。
 高校3年生は、国語・数学・英語の授業は演習中心で、社会・理科を含めて多様な選択科目が用意されています。大学受験に必要な科目を選んで、より効率の高い授業が受けられます。

 平成23年度の中学1年生から特別奨学生及びそれに準ずる学力を持つ生徒で特別クラスを1学級編成しています。この学級は、東京大学をはじめ難関国立大学や早慶上智などの難関私立大学合格を目標とし、また、学校生活全般にわたって学年をリードしていく役割を果たします。入学当初はやや少なめの生徒数でスタートしますが、入学後に急速に成績が伸びてくる生徒もいますので、中学2年次、中学3年次にそうした生徒を受け入れて生徒数を増やしていきます。特別奨学生は年次審査ですが、成績が優秀であれば次年度に新たに特別奨学生になることもできますので、そうした生徒を中心に生徒数を増やし、活力あるクラスにしていきます。

 トピックスとして、先端のICT教育も積極的に導入し、「自ら学ぶ」ための学習環境を充実させています。タブレットを用いた反転学習やオリジナルの映像教材を用いたディスカッション形式の授業など、ICT教育を積極的に導入することで自主的に学ぶ環境を整えつつ、多様化する大学入試に対応できる柔軟性も養います。

adachi20150529-01.jpg

足立学園の正門です。


平成27年度中学入試結果
応募者数
一般入試第1回 2/1午前
2科37名、4科111名(H26年度 2科36名、4科112名)
一般入試第2回 2/2午前
2科37名、4科119名(H26年度 2科33名、4科113名)
一般入試第3回 2/3午前
2科151名(H26年度 2科144名)
特別奨学生入試第1回 2/1午後
4科171名(H26年度 4科152名)
特別奨学生入試第2回 2/2午後
4科177名(H26年度 4科145名)
特別奨学生入試第3回 2/3午後
4科179名(H26年度 4科150名)

受験者数
一般入試第1回 2/1午前
2科34名、4科 84名(H26年度 2科33名、4科 90名)
一般入試第2回 2/2午前
2科15名、4科 28名(H26年度 2科21名、4科 31名)
一般入試第3回 2/3午前
2科32名(H26年度 2科34名)
特別奨学生入試第1回 2/1午後
4科157名(H26年度 4科140名)
特別奨学生入試第2回 2/2午後
4科105名(H26年度 4科 84名)
特別奨学生入試第3回 2/3午後
4科 80名(H26年度 4科 57名)

合格者数
一般入試第1回 2/1午前
2科20名、4科 66名(H26年度 2科11名、4科 64名)
一般入試第2回 2/2午前
2科 3名、4科 15名(H26年度 2科 9名、4科 17名)
一般入試第3回 2/3午前
2科14名(H26年度 2科16名)
特別奨学生入試第1回 2/1午後
特別奨学生 14名、一般107名
(H26年度 特別奨学生 17名、一般 97名)
特別奨学生入試第2回 2/2午後
特別奨学生  9名、一般 63名
(H26年度 特別奨学生  8名、一般 55名)
特別奨学生入試第3回 2/3午後
特別奨学生  3名、一般 50名
(H26年度 特別奨学生  5名、一般 27名)

補欠合格候補者数
一般入試第1回 2/1午前
2科7名、4科7名(H26年度 2科5名、4科 8名)
一般入試第2回 2/2午前
2科4名、4科3名(H26年度 2科8名、4科 4名)
一般入試第3回 2/3午前
2科7名(H26年度 2科7名)

入学者数
一般入試第1回 2/1午前
2科16名、4科20名(H26年度 2科 9名、4科42名)
一般入試第2回 2/2午前
2科 3名、4科 9名(H26年度 2科12名、4科12名)
一般入試第3回 2/3午前
2科15名(H26年度 2科13名)
特別奨学生入試第1回 2/1午後
特別奨学生 7名、一般39名
(H26年度 特別奨学生 7名、一般18名)
特別奨学生入試第2回 2/2午後
特別奨学生 3名、一般 7名
(H26年度 特別奨学生 5名、一般 1名)
特別奨学生入試第3回 2/3午後
特別奨学生 3名、一般 1名
(H26年度 特別奨学生 4名、一般  0名)

合格者最低点(2科200点満点、4科300点満点)
一般入試第1回 2/1午前
2科115点、4科162点(H26年度 2科115点、4科160点)
一般入試第2回 2/2午前
2科120点、4科160点(H26年度 2科120点、4科160点)
一般入試第3回 2/3午前
2科116点(H26年度 2科117点)
特別奨学生入試第1回 2/1午後
特別奨学生 231点、一般 160点
(H26年度 特別奨学生 231点、一般 160点)
特別奨学生入試第2回 2/2午後
特別奨学生 232点、一般 168点
(H26年度 特別奨学生 226点、一般 155点)
特別奨学生入試第3回 2/3午後
特別奨学生 221点、一般 153b点
(H26年度 特別奨学生 236点、一般 192点)

adachi20150529-02.jpg

説明会会場の小講堂です。


平成28年度中学入試について
一般入試
第1回 2/1午前 80名募集 2科目・4科目選択
第2回 2/2午前 15名募集 2科目・4科目選択
第3回 2/3午前 10名募集 2科目
特別奨学生入試
第1回 2/1午後 20名募集 4科目
第2回 2/2午後 10名募集 4科目
第3回 2/3午後  5名募集 4科目

※一般スライド合格
 学科試験の成績が特別奨学生合格基準に達していない場合は、特別奨学生の合格にはなりませんが、点数に応じて一般スライド合格となります。
※特別クラス候補者については、ホームページ上にて発表。特別クラス入学に関する通知を合格書類に同封いたします。

adachi20150529-03.jpg

足立学園の校舎です。


平成27年度大学入試結果(合格者数)
国公立大29名(H26年度24名)
 東京大1名、京都大1名、東京海洋大1名、東京学芸大1名、首都大東京1名、筑波大3名、千葉大2名、埼玉大3名、北海道大1名、東北大1名 等
私立大
 早稲田大24名、慶應義塾4名、上智大13名、東京理科大13名、
 明治大33名、青山学院大18名、立教大24名、中央大25名、法政大39名、学習院大19名、東洋大59名、日大108名 等


 最後に、学校説明会などの詳細は、http://www.adachigakuen-jh.ed.jp/setsumeikai/orientation.html まで

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2015

2015年08月20日

エピソード275:マヒしているシュサイ

 先日、ひさしぶりにスパ施設に行った後で、マッサージを受けました。夏期講習中は私を含めエクセレントゼミナールのスタッフは朝から晩まで授業をしているのですが・・・・・昔と違って若くは無いので、体が悲鳴を上げていて、適度な体のメインテナンスが必須なようです。

マッサージ師 Aさん:「どこか、凝っているところはありますか?」

シュサイ:「肩と背中が凝っていると思いますので、そこを中心にお願いします。

マッサージ師 Aさん:「わかりました。」

  しばらく揉んでもらった後で・・・・・

マッサージ師 Aさん:「たしかに、凝っていますねえ。うわぁ、ふくらはぎパンパンですよ・・・・・何かスポーツでもやっていらっしゃるんですか?

シュサイ:「いいえ(苦笑) 仕事で立ちっぱなしだからだと思います。塾の講師なんで。」

マッサージ師 Aさん:「あぁ、なるほど。でも、これは普通じゃないですよ。

シュサイ:「昔は1日に10時間授業をやっていても平気だったんですけど、最近は足もむくむようになりましたから、時間を見つけて座るようにはしているんですが(苦笑)」

  60分コースが終了した後で・・・・・

マッサージ師 Aさん:「これで、終わりになります。」

シュサイ:「どうも、ありがとうございました。だいぶ楽になりました。」

マッサージ師 Aさん:「全身、お疲れでしたね。

シュサイ:「そうですか(苦笑)」

マッサージ師 Aさん:「できるだけ、疲れが溜まらないうちにまたマッサージを受けるようにしてください。

シュサイ:「はい、わかりました。」

 素直な私は、その後、夏期講習を半分ほど消化した休みの日に、もう一度マッサージを受けにいきました(笑) この日は、前回の担当者さんとは別の人が担当してくれたのですが・・・・・

マッサージ師 Bさん:「前回はAさんが担当でしたね。今日はBが担当します。」

 しばらく揉んでもらった後で・・・・・

マッサージ師 Bさん:「腰から背中にかけてすごく張っていますが・・・・・辛くないですか。

シュサイ:「・・・・う〜〜ん。まあ、辛いといえば辛いですけど(苦笑)

マッサージ師 Bさん:「あぁ、もう痛みに対してマヒしていらっしゃるんですねえ。パソコン作業とかも多いんですか? かなりヒドイですよ。体もすごく硬くなっていますし。

シュサイ:「そうですか(苦笑) 前回も疲れが溜まる前にまた来るようにAさんに言われたので・・・・・また、来ます。」


 というわけで、歯医者さんとマッサージ師さんからはいつもお小言をいただくシュサイです(苦笑) 

 ちなみに・・・・・私はそんなに頻繁にマッサージをしてもらうほうではないのですが(回数的には年に1回程度?)・・・・・私を担当したマッサージ師さんたちのコメントをご紹介すると・・・・

 このまま放っておいたら、死んじゃいますよ。

 「これほど凝っている方は、なかなかいませんね。私が担当したなかでも、5指に入ります。

 「時間を見つけて、近くのマッサージ店に通ったほうがいいと思います。」

 このように、担当したマッサージ師さん全員から、本気で心配される客も珍しいと思いますが・・・・・生まれてこのかた、病院には縁が薄く・・・・・入院経験なし、点滴経験なしの私は、ついつい知らず知らずのうちに無理をしがちなのでしょう(苦笑) 無理がたたって突然死するわけにもいきませんから、歯だけではなく、体のメインテナンスも定期的に行うようにしようと思ったシュサイでした(苦笑) 読者の皆さんも夏の疲れが溜まっているころだと思いますので、御身お大切に!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(2) | きょうのエピソード