左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年07月30日

エピソード291:カタカナの書けない受験生たち

 夏期講習が始まり、基本的には「授業」をしている毎日ですが・・・・・先日、理科の小テストの際に、あまりにひどい小6の生徒たちのカタカナに怒りを覚えたシュサイです(苦笑) ご存知のように、理科では植物名もカタカナ、動物名もカタカナ、そして星座や星の名前もカタカナです。したがって、中学受験の科目の中で最もカタカナを書く機会が多いのが理科です。

 基本的に、「カタカナ」は小1で学習します。ところが、きちんとした(試験答案としてきちんと認識できる)カタカナを書けない小6があまりに多い!!

 この現象は特にウチの生徒に限ったことではなく・・・・・むしろ他塾から転塾してきた生徒を中心に見られる現象です。つまり、大手塾ではテスト成績によってクラスが昇降するシステムであるため、あまり「文字」の判別について個別にうるさく言われることはありません。そのため、入試では「×」となる字であっても、模試などのテストでは「○」になることが多々あります。

 しかし実際の入試では、女子校を中心に、「答案の文字」については細かく採点されます。我々は塾対象説明会の場で、学校の先生方から採点基準や答案での注意点について話をうかがう機会があるわけですが・・・・・特に「カタカナ」についての注意が話題になることが多いのです。

 「判読しにくいカタカナ」の代表例を挙げると・・・

 「コ」と「ユ」と「エ」

 「リ」と「ン」と「ソ」

 「ス」と「ヌ」

 「ツ」と「シ」

 「イ」と「ト」

 「ウ」と「ワ」と「フ」と「ク」と「ケ」と「タ」

 「ア」と「マ」

 「チ」と「テ」

 「ル」と「ノ レ」

 などです。ある有名女子中では・・・・・中1になって世界地理を学習する際に、あまりに判別できないカタカナを書く生徒が多いために、生徒に「カタカナの練習プリント」(小1などで使う、マスに中心線が書かれた、なぞれるようになっているカタカナのプリントの中1バージョンです)を配布しています(苦笑)

 「きちんとした「字」を書かないとなぜダメか」を生徒に教えるときに、私がつかうネタは・・・・・「己」と「已」と「巳」の違いについてなのですが・・・・・もはやそんなレベルではありません(苦笑) 

 そこで、やむなくカタカナが判別できない字を書く生徒は・・・・間違った字(単語)を100回書くハメになりました。つまり、わかっていたにも関わらず、字が汚いために判別できないカタカナを書いた生徒は、判読できるような文字でバツになった単語を100回ずつ書いてもらうわけです。私は元来、こうしたシゴキはあまり好きではないのですが・・・・・再三再四の注意にもかかわらず、相変わらず字が汚い生徒(自分の氏名を読めない字で書く生徒や自分の氏名を書き間違える生徒すらいます!!)には、この方法しかありません(苦笑)

 私は「キレイな字」を書けと言っているのではありません。「採点者が判読しやすい字」を書けと言っているのです。 というわけで、「ウチの子も字が汚い・・・」と思われた方は、「カタカナ」を中心にチェックされることをオススメします。この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | きょうのエピソード

2016年07月26日

合否を決める一問:「H27 サレジオ学院中学校A試験 算数 6」問題と解答

 この問題は特別角の問題です。特別角とは、30°、45°、60°の三角定規の角のことを言い、角度から長さを求めたり、長さの比から角度を求めたりする問題として出題されます。中学入試では、30°、60°、90°の直角三角形で、一番短い辺の長さと一番長い辺の長さの比が2:1になることを利用して解く問題がよく出題されます。それでは、頑張って解いてみてください!!


27-sarejio-a-06.jpg
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2016年07月23日

エピソード290:三重苦の夏期講習

 前回のエピソードで右上顎のブリッジが崩壊したことを書きましたが・・・・・その後、抵抗力が落ちていたこともあり、かつ暑い日が続いたせいで・・・・・「モノモライ(麦粒腫)」も発症しました。まあ、抗菌目薬が普及している現在は、うっとうしいけど、我慢ができる程度でした。

 しかし、2〜3日経っても目の腫れが退かない・・・・・う〜む、かなり抵抗力が落ちているのかなあ、と思いつつ夏期講習前のハードスケジュールをこなしていました。そして夏期講習の前々日、鼻の奥に違和感を覚え、くしゃみを3度もしました。

 ご存知の読者の方もいらっしゃるかと思いますが・・・・私がくしゃみをするときは、鼻の奥にウィルスの進入を許したサインで・・・・・案の定、翌日からのどの痛みと腫れ、そして体のだるさを感じるようになりました。

 夏期講習前にこんなに体調を崩すなんて記憶にないのですが・・・・・一抹の不安を抱きつつ、夏期講習初日を迎えました。すると・・・・・なんと小6、15名のうち2名が発熱で欠席、4名がマスク着用!! 気温のアップダウンが激しかったせいか・・・・・夏には見たことのない光景でした。 私も抗生物質と消炎剤と風邪薬、うがい薬、のど飴と・・・・考えられる対症療法をすべて使って最初の3日間を終えました。ホントはかなりやらなければならないことが山積みで・・・・・休んでいるヒマなどないのですが・・・・・早目の治療に専念することにしました。というわけで、哀れなシュサイと小6の生徒たちに応援クリックをお願いいたします!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | きょうのエピソード

2016年07月21日

塾対象説明会レポート:海城中学校

 海城中学校は、新宿区大久保にある男子の中高一貫校で、平成23年度より、高校募集がなくなり、完全中高一貫校となりました。2016年で創立125周年を迎えます。
 2011年より高校募集を廃止したため、6ヵ年完全中高一貫校となりましたので、高校から入学する生徒を待たずに先取り学習ができるようになりました。

kaijo20160630-03.jpg

海城学園の正門です。


 海城学園では、「国家・社会に有為な人材を育成する」という建学の精神に基づき、真のリーダーの育成の為に、「新しい人間力」「新しい学力」をバランスよく養う教育を実践しています。
 「新しい人間力」の育成としては、「プロジェクトアドベンチャー」「ドラマエデュケーション」などに取り組んでいます。「プロジェクトアドベンチャー」は中学1・2年の学習に取り入れているアメリカで開発された体験型プログラムです。丸太の上に並び、言葉を発することなく生年月日順に並び直す、高所で仲間に託した命綱に支えられながら、自己の選択・決定で綱を渡っていくなどのアクティビティに挑み仲間と共に課題をクリアしていくことで、コミュニケーション能力やコラボレーション能力を高めていきます
 「ドラマエデュケーション」は、演劇的手法を用いた体験学習です。例えば、小説の場面をストップモーションで演じ、写真に撮り、客観視することで、人と人との関係性や距離感、登場人物の内面、視線の意味などを考えていき、人間関係力を高めます。文部科学省の「児童生徒のコミュニケーション育成に資する芸術表現体験事業」にも採択されるなど、高い評価と受けています。
 「新しい学力」の育成としては、「社会科総合学習」「理科の実験・観察・巡検」などを実践しています。「社会科総合学習」は、問題解決型の能力を身につけるために、社会科で導入している探究型の総合学習です。自らテーマを設定し、企業や役所などへ取材に行き、文献を調べ、自分で考え、ディスカッションを行い、自分なりの解を導き出し、レポートにまとめます。テーマは医療制度や商業戦略などさまざまです。中学3年時には原稿用紙30〜50枚の卒業論文を1・2学期掛けて書き上げます。その完成度は学外からも高く評価されています。
 「理科の実験・観察・巡検」は、理科でも、実験・観察・巡検を多く取り入れた生徒参加型の授業が展開されています。例えば、化学では自主教材「化学実験書」に基づいた実験授業が中1だけで24回実施されます。生物では豚の目の解剖、物理ではコンピュータ制御のロボット作成、地学では、多摩川での野外実習など生徒たちの知的好奇心を刺激する授業が多数用意されています。

kaijo20160630-02.jpg

海城学園の校舎(2号館)です。


 また、2012年4月にグローバル教育部が設置され、国際性豊かな人材育成にも、さらに力をいれています。2014年度より、帰国生入試もA、B、Cと3パターンの入試となっています。
 そして新たな挑戦として、医学部をめざす生徒を対象とした「医学部小論文・面接講座」を実施。職業に直結する学部だけに明確な志望動機が重要となるため、社・理・国連携の特別指導で医師を作ることを目指しています。
 知識の蓄積だけでなく、自ら課題を発見し、自分で判断して問題解決にあたり、実践していく力の育成を目標としています。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の海城中学校の累計合格実績は62%(13名受験8名合格)です。

kaijo20160630-04.jpg

海城学園のクスノキです。


平成28年度中学入試結果
出願者数
一般入試@ 2月1日  513名(H27年度  461名)
一般入試A 2月3日 1230名(H27年度 1150名)
帰国生入試 1月7日 A 88名、B 12名、C 44名
(H27年度 A88名、B 24名、C 56名)

受験者数
一般入試@ 2月1日 468名(H27年度 434名)
一般入試A 2月3日 861名(H27年度 831名)
帰国生入試 1月7日 A87名、B 12名、C42名
(H27年度 A88名、B 24名、C55名)

合格者数
一般入試@ 2月1日 162名(H27年度 161名)
一般入試A 2月3日 291名(H27年度 300名)
帰国生入試 1月7日 A42名、B 4名、C 19名
(H27年度 A40名、B 5名、C 19名)

受験者平均点(一般入試 国語120点、算数120点、社会80点、理科80点
一般入試@ 国語62.8点、算数68.8点、社会47.6点、理科41.0点
一般入試A 国語62.5点、算数73.1点、社会39.2点、理科46.1点
(帰国生入試 国語120点、算数120点、社会80点、理科80点、総合B120点、総合C60点、英語60点、面接A40点、面接B24点、面接C24点)
帰国生入試 国語66.7点、算数65.7点、社会50.7点、理科45.2点
      総合B62.3点、総合C29.1点、英語41.3点、面接A29.3点、面接B19.3点、面接C16.6点
合格者平均点(国語120点、算数120点、社会80点、理科80点)
一般入試@ 国語71.6点、算数83.0点、社会53.4点、理科46.8点
一般入試A 国語71.1点、算数88.4点、社会46.8点、理科52.8点

合格最低点(一般入試400点満点)
一般入試@235点(H27年度 266点)
一般入試A237点(H27年度 262点)
(帰国生入試Aコース440点満点、Bコース264点満点、Cコース264点満点
帰国生入試 A264点、B147点、C154点
(H27年度 A278点、B142点、C142点)


平成29年度中学入試について
試験日・募者人員・受験科目
一般入試@ 2/1 145名募集 国語・算数・社会・理科
一般入試A 2/3 145名募集 国語・算数・社会・理科
帰国生入試 1/7  30名募集
 A方式 算数・国語・社会・理科、面接
 B方式 算数・総合、面接
 C方式 算数・総合、英語、面接
※算数はA、B、C方式共通問題
※総合はB、C方式共通問題
※C方式の英語の問題は、自由記述の作文問題
補欠(繰り上げ)合格あり。繰り上げ候補者に郵送で連絡する。各入試ごとに定員割れしたとき、電話で連絡し、正規合格となる。
・総点で合格点に達していても、ある科目の点数が平均点を大きく下回っている場合は、不合格になることもある。

kaijo20160630-01.jpg

説明会会場の1号館の講堂です。


平成28年度大学入試結果(合格者数)
国公立大165名(H27年度183名)
 東京大30名、京都大6名、一橋大15名、東工大15名、東京医科歯科大5名、東京農工大6名、首都大学東京5名、横浜国大4名、横浜市立大2名、千葉大8名、筑波大9名、北海道大6名、東北大7名、大阪大2名、他
私立大
 早稲田大126名、慶應義塾大99名、上智大22名、東京理科大82名
 明治大61名、青山学院大4名、立教大24名、中央大34名、法政大22名、学習院大5名
 国公立大医学部47名、私立大学医学部87名


 最後に、今年度の学校説明会は、10月15日(土)10月16日(日)の2回だけになります。内容は全体会とテーマ別学校紹介の組み合わせになります。詳細はこちら まで。

 以上、この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2016