左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年10月29日

必勝の併願パターン2016

中学受験では、併願パターンの組み方が非常に重要な意味を持ちます。


 首都圏中学入試の試験日程は・・・・・推薦入試や帰国子女入試などの特別入試を除けば、1月初旬〜で茨城県・埼玉県の私立中入試、1月20日〜で千葉県の私立中入試、2月1日〜で東京都・神奈川県の私立中入試となっています。


 もちろん受験するのは小学生ですから、当然通学範囲は自宅から1時間以内の対象中学校が主体ということになるのですが・・・・・この入試期間の長さが、関西圏などの中学入試と違う長所と短所を生み出します。

 つまり小学生にとっては、おそらく人生で初めての受験という緊張感の中で実力を発揮するために、早い時期に本番の入試を体験することが模試と違った意味を持つため・・・・・通えない地域にある私立中学を受験するという「お試し入試」が存在するわけです。

 女子難関中受験生にとっては、その最たる入試が、1月14日に行われる浦和明の星女子中学校の入試
しょう。


 ところが、エクセレントゼミナールのある柏市という地域は、茨城・埼玉・千葉・東京の私立中を実質的に受験できるため、生徒たちは1ヶ月に及ぶ長い受験期間の連戦が必要になります。そのため、長丁場の受験を乗り切る体調管理を踏まえた受験スケジュールを考え、合否パターンと合格可能性をしっかりと把握し、結果が出たときの生徒や父母のメンタリティにも留意した併願パターンを組む必要があるわけです。

 東京校の出願は1月20日以降ですから、1月の結果が東京校の出願に影響を及ぼします。1月の結果を予想して、どのように2月の併願パターンに織り込むかが重要なわけです。

 柏地域の併願パターンの組み立ては、このような大変さもある代わりに、受験が長丁場で受験校が豊富であることでインフルエンザなどに罹患した場合の受験リスクを回避できるという長所もあります。

 したがって、私がエクセレントゼミナールの生徒の併願パターンを組む際には、生徒の学力、体力、性格、志望校の出題傾向などを総合的に判断して、父母面談で細かくすり合わせながら個別に作成するわけです。

 しかし併願校の組み合わせは、生徒の性格や志望校の傾向、偏差値などを考慮すると、ある程度の定型パターンにあてはめることができます。


 このあたりのノウハウを、11月13日(日)10:30〜12:00で開催する父母向け無料公開セミナー、「中学受験の基礎講座 第8回 必勝の併願パターン」の資料にまとめました。詳細は、こちら(http://www.ex-semi.com/seminar_08.pdf)をご覧ください。なお、この基礎講座にご参加いただいた受験生の方には、セミナー終了後、個別にお子様の併願パターンの組み方のアドバイス(30分程度、相談料無料!)をさせて頂きますので、お気軽にご参加・ご相談ください!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ

2016年10月25日

合否を決める一問:「H27 城北中学校 第1回 算数 5」問題と解答

 この問題は長い棒の長さを1として、分数で考えるとよいでしょう。重なる点は約分できる点であることを利用して考えましょう。それでは、頑張って解いてみてください!!


27-johoku-01-05.jpg
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2016年10月22日

年内無料! 質問し放題!!

 今だけ、メール質問システムイーシャメ」を年内無料でお使い頂けます!!

 「イーシャメ」はエクセレントゼミナール創立20周年記念事業で、他塾のテキストや中学入試の過去問題などをスマホなどで写メールしてもらい、なるべく早く(最長3日以内)に当スタッフが解説を返信する「メール質問システム」(http://www.ex-semi.com/course_tsushin.htm)です。

 今の時期〜年内は、中学入試問題の過去問を解いても、いまいち解説が良くわからないところが出てくるもの。特に算数や理科の入試問題解説を読んでも、なんとなくわかったような気がするレベルで未消化な問題は多いはずです。

 もちろん、イーシャメで質問できるのは中学入試問題だけではなく、「予習シリーズ」や「デイリーサピックス」や「栄冠テキスト」などの塾使用テキスト「体系数学」や「ニュートレジャー」などの私立中高のテキスト開成中や麻布中などの学校オリジナルプリントにも対応しています。

 そして、海外に居住しているため質問できる先生が近くにいない方、地方にお住まいで塾までの距離があってなかなか質問できない方はぜひこの機会に「イーシャメ」に登録(https://www.secure.ex-semi.com/)し、質問し放題を体験してみてください!! 入試前に、そして期末テスト前に、わからない問題はすべて解決しようではありませんか!! この企画をすばらしいと思う方は応援クリックをお願いいたします!!



posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | イーシャメ

2016年10月20日

小6の本棚 教養本その3:『まんがで読む 星のギリシャ神話』

 今日は、『まんがで読む 星のギリシャ神話』をご紹介します。星とギリシャ神話は切っても切れない関係にあるのは皆さんご存知だと思います。中学入試では、北極星、北斗七星、カシオペア座、オリオン座、さそり座に始まり、春の大三角・夏の大三角・冬の大三角・冬のダイヤモンドや黄道12星座の一等星は頻出事項です。

 星座に関する本やムックなどは子ども向け〜アマチュア天文家向けまで数多く出版されていますが、小学4年生〜小学6年生の中学受験生には、この『まんがで読む星のギリシャ神話』が最も適した一冊だと思います。この本の紹介文を発行元のアストロアーツのサイトから転載させていただくと、

星のギリシア神話表紙 


「まんがで読む 星のギリシア神話」はアストロアーツ発行の天文雑誌・月刊「星ナビ」に、2000年12月から2004年12月号ににかけて計49回連載された、藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成し「星のギリシア神話」についてわかりやすくまとめたムックです。


 また、神話成立時の時代背景や星座にまつわるさまざまなエピソードを「こだわり星座神話」として金井三男氏が解説しています。まんがストーリーとともに、コラムを読み進めると、星座や神話についてより深い理解が得られます。


 巻頭カラーでは、星図や写真を用い、まんがストーリーに登場する全星座を紹介。「資料編」では、登場人物一覧や、家系図・相関図、ギリシア神話時代の地図などを収録しています。


 となります。アストロアーツは、天文に興味がある方や理科教師にとっては身近な会社で・・・・私自身、アストロアーツのメール会員になっており、天文に関する情報(流れ星がよく見える時間帯など)がメールで知らせてもらえるので、とても重宝しています。この本はちょっと値段が張る(税込2036円!)のが難点ですが、A4版の大型まんが本で私の目にも優しい一冊です(笑) もちろんエクセレントゼミナールの貸し出し用本棚には常備してあるのですが・・・・・生徒たちの扱いが悪いためかわいそうなぐらいボロボロになってしまいました(泣) そのため、絶版になる前に新しいのを一冊買って、私の自宅に保管しておくことも考えているところです(苦笑) そんなわけで、星や星座に興味も持たせるには最適な一冊ですから、早い段階(小3〜小4)でお子さんに買い与えて、星座への学習意欲を培うと良いと思います。この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 小6の本棚