左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2021年03月18日

2021年 模試の活用の仕方とデータの読み方

 エクセレントゼミナールでは、来る4月18日(日)10:30〜12:00で、公開セミナー「中学受験の基礎講座 第2回:模試の活用の仕方とデータの読み方」を開催いたします。


 講座内容は、「模試のデータをどう活用するか」がテーマです。


 一般的には、模試の偏差値や正答率データをもとにして、志望校を選ぶ御父母や受験生はとても多いと思います。しかし、それはどのくらい信頼できるのでしょうか? また同じ学校であっても、模試によって偏差値が大きく違うのはどうしてでしょうか?


中学受験で俗に3大模試と呼ばれる模試は、@四谷大塚の「合不合判定テスト」、A「日能研 全国公開模試」、B「首都圏模試」のことですが・・・・・・それぞれの模試には、母集団の違いと出題形式の違いによって特徴が現れます。現在はこの3つの模試にSAPIXの「サピックスオープン」が加わって、中学受験は4大模試時代を迎えています。


 小6の夏前の模試では、各塾のカリキュラム進度の差が出題範囲に反映されているため、あくまでもその時期での学力目安としての意味しかありません。つまり、小6の夏前の模試で志望校の合格可能性が80%以上と判定されたとしても、その出題内容は各塾のカリキュラムに左右されているだけでなく、受験生の夏前の学力が夏期講習を越した秋の学力とは比べ物にならないほど劣っているため、志望校の合格可能性は気休めにしかすぎないわけです。


 模試による判定や偏差値の基準が、各模試によってかなり違うことは良く知られていることですが・・・・・・こうしたことがどんなことが原因で起こるのか、また、志望校の合格可能性を判断するために、どの模試を利用するのが良いのかなどを解説していきます。


「中学受験の基礎講座」は無料公開講座ですから、どなたでも受講できます。参加ご希望の方はPDFをダウンロードし、プリントアウトしていただき、参加申込書に記入した後、04―7148―4617へFAXしてくださるかお電話にてお申し込みください。皆様の参加をお待ちしております!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ

2021年03月12日

R3年度大学入試合格実績

R3年度大学入試合格実績

エクセレントゼミナールの今年度の大学入試の合格状況が確定しましたので、ご報告します。


新潟大     医学部・・・・・1名

お茶の水女子大 理学部・・・・・1名

早稲田大    法学部・・・・・1名

早稲田大    先進理工学部・・1名

東京理科大   理工学部・・・・1名

防衛大     理工学専攻1名

法政大     デザイン工学部1名

学習院大    経済学部・・・・1名 

日本大     商学部・・・・・1名

帝京大     薬学部・・・・・1名

駒沢大     経済学部・・・・1名

昭和女子大   国際学部・・・・1名

獨協大     経済学部・・・・1名

     以上 高3 在籍6名実績
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ

2021年03月04日

「小6社会 難関中日本史の征服」開講!!

 エクセレントゼミナールでは、本年度も「難関中日本史の征服講座」4月〜7月の毎土曜10:30〜12:00、全14回で開設いたします。

 この講座は、昨年度初めて設置した、難関中受験者向けの日本史講座です。昨年はコロナ禍による休校措置の最中の開講となったため、外部に対する告知や広告を一切行わず、当ゼミナール内部生だけの受講といたしましたが、本年度は受講生を一般募集いたします。

 最近の難関中の出題傾向を分析すると、難関中学になればなるほど社会の設問の難度が上がっています。特に社会科の入試問題の4割を占める日本歴史の分野に関しては、大学入試レベルの知識(大学入試共通テストレベル)がなければ解答できない設問も多くみられます。ところが、それら難関中学の合格者(受験者の大多数が御三家中併願者)の社会の得点率は85%に上ります。

 つまり、中学受験の社会科においては、細かな学習知識が不足している受験生は難関中学の合格者になれないのです。

 だから、エクセレントゼミナールでは、難関中学の出題レベルに対応するために大学入試レベルをカバーする日本史の講座(4月10日〜7月17日の毎土曜10:30〜12:00の全14回、38500円税込を設置いたしました。担当の渡邉(江戸取中高を経て一橋大卒、当塾卒業)先生の作成したオリジナルテキストで予習シリーズ5年下のカリキュラム進度に沿って進めていきます。小6の難関中受験者レベルに対応した内容ですので、受講にあたっては一通り日本史を学習した6年生が望ましいですが、秋に学習する日本史を先取り学習したい5年生も受講可能といたします(講座定員12名)高い志を持つ受験生の受講を望みます!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 自己紹介その他お知らせ