左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年04月05日

中学入試に出た本ベスト11

今日は、本年度中学入試に出題された本のベスト11を発表します!!

第1位『<自分らしさ>って何だろう?』(榎本博明著 筑摩書房新書)・・・8校で出題

第2位『科学は未来をひらくー中学生からの大学講義3』(中村桂子他共著 筑摩書房新書)・・・4校で出題

第2位『サーカスの夜に』(小川糸著 新潮社)・・・4校で出題

第2位『さくらいろの季節』(蒼沼洋人著 ポプラ社)・・・4校で出題

第5位『14歳の水平線』(椰月美智子著 双葉社)・・・3校で出題

第5位『Masato』(岩城けい著 集英社)・・・3校で出題

第5位『屋上のウインドノーツ』(額賀澪著 文藝春秋)・・・3校で出題

第5位『シアワセなお金の使い方』(南野忠晴著 岩波新書)・・・3校で出題

第5位『何のために「学ぶ」のかー中学生からの大学講義1』(外山滋比古他共著 筑摩書房新書)・・・3校で出題

第5位『ヒトリコ』(額賀澪著 小学館)・・・3校で出題

第5位『目の見えない人は世界をどう見ているの』(伊藤亜紗著 光文社新書)・・・3校で出題

 となります。どの学校のどの入試回で出題されたかは、各著作ごとの紹介記事のときに詳しく書きますが、今年は筑摩書房新書から出版された「中学生からの大学講義シリーズ全5巻」からの出題が多くみられました。このシリーズから出題した私立中学校は、13校になります。近年の出題傾向としては、「新刊図書および新刊新書」だけでなく、過去の名著からの出題も多くなっていますので、受験生の皆さんには名文は読んでおくことをオススメします。もちろんエクセレントゼミナールには、本年の出題図書はもちろん入試に出題された名著はすべて貸し出し用本棚に常備してありますから、受験生諸君は今のうちに読んでおくと良いでしょう。この記事が参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 小6の本棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]