左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年10月18日

小6の本棚 教養本その2:『ロウソクの科学』

 今日は、今でも理科の中学入試問題に出題されることがある、『ロウソクの科学』(ファラデー著)をご紹介しておきます。大人ならば、中学や高校の教科書に出てくる大科学者ファラデー(電磁誘導や静電気で有名ですね)の名を知らぬ人はまずいません。しかし、小学生はファラデーの名をまず知りません。

 『ロウソクの科学』は、晩年のファラデーが少年・少女を対象に行った6回に渡るクリスマス講義をまとめたもので、科学実験に関する名著中の名著と呼べる一冊です。今では、中学校の夏休みの課題図書(理科のレポート)などに指定されることもある本ですが・・・・難関中学校を受験しようと思っている中学受験生ならば読んでおきたい一冊です。

 私が持っているのは岩波文庫版ですが・・・・・日本語訳が格調が高くて(小学生には難しいということ)、文字が見ずらい(私には小さい・・・笑)ので、読者の皆さんには角川文庫版をオススメします。


 さて、この記事を書くにあたりインターネットで検索して、私もビックリしたのですが・・・・・何と、この『ロウソクの科学』が品薄状態だとのこと!!

 なぜなら、先日ノーベル医学・生理学賞を受賞された大隅良典氏が科学の道を志すきっかけになったのが、小学生時代に兄からプレゼントされた、この『ロウソクの科学』だったからだそうです。http://www.yomiuri.co.jp/science/20161017-OYT1T50093.html

 というわけで、温故知新と申しますが・・・・今でも色褪せない名著はノーベル賞科学者を養成したわけですね。この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします。


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 小6の本棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]