左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年10月20日

小6の本棚 教養本その3:『まんがで読む 星のギリシャ神話』

 今日は、『まんがで読む 星のギリシャ神話』をご紹介します。星とギリシャ神話は切っても切れない関係にあるのは皆さんご存知だと思います。中学入試では、北極星、北斗七星、カシオペア座、オリオン座、さそり座に始まり、春の大三角・夏の大三角・冬の大三角・冬のダイヤモンドや黄道12星座の一等星は頻出事項です。

 星座に関する本やムックなどは子ども向け〜アマチュア天文家向けまで数多く出版されていますが、小学4年生〜小学6年生の中学受験生には、この『まんがで読む星のギリシャ神話』が最も適した一冊だと思います。この本の紹介文を発行元のアストロアーツのサイトから転載させていただくと、

星のギリシア神話表紙 


「まんがで読む 星のギリシア神話」はアストロアーツ発行の天文雑誌・月刊「星ナビ」に、2000年12月から2004年12月号ににかけて計49回連載された、藤井龍二氏の「ギリシア神話劇場」を再構成し「星のギリシア神話」についてわかりやすくまとめたムックです。


 また、神話成立時の時代背景や星座にまつわるさまざまなエピソードを「こだわり星座神話」として金井三男氏が解説しています。まんがストーリーとともに、コラムを読み進めると、星座や神話についてより深い理解が得られます。


 巻頭カラーでは、星図や写真を用い、まんがストーリーに登場する全星座を紹介。「資料編」では、登場人物一覧や、家系図・相関図、ギリシア神話時代の地図などを収録しています。


 となります。アストロアーツは、天文に興味がある方や理科教師にとっては身近な会社で・・・・私自身、アストロアーツのメール会員になっており、天文に関する情報(流れ星がよく見える時間帯など)がメールで知らせてもらえるので、とても重宝しています。この本はちょっと値段が張る(税込2036円!)のが難点ですが、A4版の大型まんが本で私の目にも優しい一冊です(笑) もちろんエクセレントゼミナールの貸し出し用本棚には常備してあるのですが・・・・・生徒たちの扱いが悪いためかわいそうなぐらいボロボロになってしまいました(泣) そのため、絶版になる前に新しいのを一冊買って、私の自宅に保管しておくことも考えているところです(苦笑) そんなわけで、星や星座に興味も持たせるには最適な一冊ですから、早い段階(小3〜小4)でお子さんに買い与えて、星座への学習意欲を培うと良いと思います。この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!


posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 小6の本棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]