左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2016年11月12日

小6の本棚 教養本その4:『まんがで読む 古事記』

 中学受験生にとって、旧約聖書やギリシャ神話と並んで必要な知識に、日本神話があります。日本神話を記した古典といえば、もちろん古事記と日本書紀ですが・・・・・日本史で学習するため、稗田阿礼や太安万侶という名前を知っていても、どんな内容が書かれているのかを知っている中学受験生は少ないものです。

 「記紀」という言葉があるように、同時期に編纂が始まった古事記と日本書紀には、それぞれ似た内容の記述が多いのですが・・・・古事記は日本語表記・神話重視で物語性が強い・国内向け、日本書紀は漢文表記・情報を集約した記録・国外向けの正史という特徴があります。

 今回のテーマは教養としての「日本神話」についてですから、古事記の上巻(古事記は上巻・中巻・下巻の3巻構成)〜中巻に該当する部分です。中学受験生にとっては、伊勢神宮の式年遷宮などのイベントや伊勢志摩サミット、天皇の退位問題などが取り挙げられる昨今、日本神話についての知識を再確認しておく必要があります。

 では、古事記の日本神話部分が描かれた漫画で、小学生にとって最適な一冊はどの本か、といえば・・・・学研の『まんがで読む 古事記』です。「まんが日本の歴史」シリーズのような大判ですから持ち運びには適しませんが、日本神話を知るには最適な一冊です。



 さて、ここで読者の皆さんに問題です(笑)

 @「八百万」の読み方を答えなさい。

 A「三種の神器」をすべて答えなさい。

 B「(日本の)神様」を数えるときの単位を答えなさい。


 解答は、

 @は「やおよろず」で、10年前の渋谷幕張中の国語の設問で出題されています。

 Aは社会科で習う「白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫」のことではありませんよ(笑) 「八咫鏡(やたのかがみ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、草那芸之大刀(くさなぎのたち)」のことです。八咫鏡は伊勢神宮の御神体草那芸之大刀は熱田神宮の御神体とされています。

 Bは「柱(はしら)」です。

 というわけで、2014年の伊勢神宮の式年遷宮のために、20年ぶりに皇居から剣と勾玉が持ち出されて移動したというニュースを覚えている方もいらっしゃるかと思いますが・・・・・お子さんが本当の「三種の神器」を知っているかを聞いてみると良いと思います(笑) この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!!



posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 小6の本棚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]