左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2021年11月19日

重大ニュース2021 その1:新型コロナウイルス感染症

 今年も社会と理科の重大ニュースを掲載していきますので、受験生の皆さんはこれを参考に時事問題の対策をして下さい。
 今年も昨年に引き続き、全世界に「新型コロナウイルス感染症」の感染が拡大し、世界では今なお収束する見通しがたたない状況です。重大ニュース2021のその1として、今回は「新型コロナウイルス感染症」に関する時事問題を扱います。それでは、簡単なテストで確認していきましょう。


 「重大ニュース2021 その1:新型コロナウイルス感染症 問題」


@2020年4月に初めて、全国に「緊急事態宣言」が発出されました。2021年に入っても計3回発出されました。2021年2月には、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が改正され、「〇〇△△△△△△措置」が新設されました。「緊急事態宣言」は都道府県単位であるのに対して、この措置は市町村単位に適用され、感染が拡大しそうな地域に限定して対応することが可能となりました。この措置の名称を答えなさい。(〇〇にはひらがな2字、△△△△△△には漢字6字が入ります。)


A新型コロナウイルスに感染しているかどうかを確認するために行われる検査で、「鼻の奥の方をぬぐって採取した細胞やだ液を利用して行います。この検査は「〇〇〇検査」を呼ばれます。〇〇〇にあてはまるアルファベット3字を答えなさい。


B新型コロナウイルス感染症の発症や重症化の予防として、〇〇〇〇の接種が行われています。〇〇〇〇は病気を起こす細菌やウイルスの毒性をなくしたものや弱めたもののことで、これを体に入れることで、その病気を体に覚えてもらい、次に同じ細菌やウイルスが体に入ってきたときに、速やかに対応できるようになるので、感染防ぐことができるようになります。この〇〇〇〇に入るカタカナ4字を答えなさい。


Cウイルスは、感染を繰り返していくと、遺伝情報の一部が書き換わっていくことがよくあります。この遺伝情報の一部が書き換わったものは〇〇ウイルス(〇〇株)といわれます。〇〇に入る漢字2字を答えなさい。


D Bを接種したとき、注射した部分の痛み、頭痛、発熱、筋肉や関節の痛みなどがみられることがあります。このような症状を、漢字3字で答えなさい。





 成績はいかがでしたか? 「新型コロナウイルス感染症」に関連して、「感染症の歴史」「免疫のしくみ」なども出題されることが予想されます。また、昨年の 重大ニュース2020 その1 も確認しておくと良いでしょう。

 この記事が参考になった方は応援クリックをお願いいたします!! 



 「重大ニュース2021 その1:新型コロナウイルス感染症 解答と解説」



@まん延防止等重点措置・・・・・2021年4月、全国で初めて大阪、兵庫、宮城の3府県に「まん延防止等重点措置」が適用されました。「まん延防止等重点措置」の適用により、飲食店ではアクリル板の設置や営業時間の短縮(夜8時まで)、「マスク会食」の徹底などが求められることになりました。



APCR検査・・・・・「PCR」とは、「ポリメラーゼ連鎖反応」の略で、DNAを増幅させる反応のことです。DNAの特定の範囲だけを短時間で増幅することで、少量のサンプルでも「新型コロナウイルス」が存在するかどうかを調べることができます。「PCR検査」の他に、過去にウイルスに感染していたかを調べる「抗体検査」というものもあります



Bワクチン・・・・・「新型コロナウイルス」のワクチンは、「mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)」と呼ばれているもので、「新型コロナウイルス」の表面のタンパク質をつくる情報を持っています。このワクチンを体に入れることで、今までのワクチンと同じはたらきが得られます。日本でのワクチン2回接種完了率は10月末で7割を超えました。



C変異ウイルス(変異株)・・・・・変異ウイルスの名称には、ギリシャ文字のα(アルファ)、β(ベータ)、γ(ガンマ)、Δ(デルタ)などが使われています。2021年6月下旬ごろからの第5波で主流となったのはデルタ株でした。デルタ株は、感染力が強く、8月中旬には1日の新規感染者数が2万5千人を超え、病院に入院できずに自宅療養となる方がたくさん出てしまいました。その反面、重症化率や致死率は低かったようです。低くなった要因は、Bの解答のワクチンの効果ではないかといわれています。



D副反応・・・・・「副反応」とは、ワクチンを接種することで、ワクチンによって本来期待される反応(免疫反応)ではない、有害な反応のことです。ワクチンを接種した50%以上の方に、注射した部分の痛み、疲労、頭痛などの症状がみられますが、接種後数日以内に回復しています。また、薬の本来の目的ではない作用のことは「副作用」といいます。

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 重大ニュース2021
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]