左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2013年11月05日

エピソード245:カウントダウンカレンダーの作り方

 あっという間に11月に入ってしまいました。エクセレントゼミナールでは、毎年秋になると中学受験本番までのカウントダウンカレンダーを教室に掲示しています。

 
このカウントダウンカレンダーは、1月の最速入試である1月7日に合わせて、「入試まであと 63日」のようにして作った手製の日めくりカレンダーで・・・・・これを小6生の使う教室に掲示するのですが・・・・・今年は小6の使うC区画の大教室用とD区画用の教室用に2セット作りました。

 以前、このカウントダウンカレンダーの話を記事にしたときに、「ぜひ売ってください」というコメントをいただいたことがあるのですが・・・・・さすがにそうもいきませんので、今回は作り方をご紹介したいと思います(笑)


@まず、ワードなどのコンピュータソフトを使って、日数分の毎日の日めくりカレンダーを作成し、B5用紙でプリントアウトします

カレンダー01.jpg


Aプリントアウトしたカレンダーをきちんと揃えて重ね合わせて、接着するツラ(カレンダーの上側)に近い部分の両端をダブルクリップで固定します

カレンダー02.jpg


B接着するツラに液体のり(ヤマトのりなど)を塗ります(適度に染み込ませるようにしてください)

カレンダー03.jpg

Cしばらく時間(30分程度)をおくと、液体のりは乾き、のりを塗った部分にシワが寄ります(カレンダー用紙が濡れるため)

カレンダー04.jpg

Dさらにもう一度、たっぷりと液体のりを塗り、しばらく時間をおきます(のりが生乾きになる程度、20〜30分ぐらい)


Eのりを2度塗りするとカレンダー用紙にさらにシワが寄りますので、のりが生乾きになった頃を見計らって、重い本などを使って接着部分のシワを伸ばすための押しをします(丸1日は押しをしたままにする)


Fシワが伸びて貼り付けやすくなった日めくりカレンダーを、ダンボールなどを利用した台紙(カレンダー用紙よりも一回り大きなもの)に紙が縮まないタイプののり(スティックのり)などでしっかりと貼り付ける

カレンダー05.jpg


カレンダー06.jpg

G台紙に完全に貼りつけた後、カレンダーの上側の接着面部分を製本テープなどを使って、さらに台紙に貼り付けて補強する

カレンダー10.jpg

Hカレンダー上側の台紙に貼り付けてある製本テープ部分をさらにガムテープなどで補強して、カレンダーを台紙に完全に固定する

カレンダー07.jpg

Iカレンダーからはみ出している台紙部分をカットし、壁などにかけて完成!!

カレンダー08.jpg


カレンダー09.jpg


 ちなみに、エクセレントゼミナールではコピーミスによる紙(裏が白いもの)を同じ要領でメモ用紙にして再利用しています。メモ用紙を作るときにも応用できますのでぜひお試しください(笑) なお、台紙にきちんと貼り付けるとか、液体のりを2度塗りするなどの手順を省くと・・・・・入試前にカウントダウンカレンダーが落ちますのでお気をつけください(笑) この記事が楽しめた方は応援クリックをお願いいたします!!
 
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | きょうのエピソード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]