左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2011年11月15日

塾対象説明会レポート:文京学院大学女子中学校

 文京学院大学女子中学校は、文京区本駒込にある女子の中高一貫校です。1924年に前身の「本郷女学院」が創設され、今年87周年を迎えます。JR山手線の駒込駅から徒歩3分、巣鴨駅から徒歩5分のところにあり、六義園という庭園が隣接している環境の良い学校の一つです。
 説明会では、「科学塾」についての説明と平成23年度入試結果平成24年度入試についての説明が中心でした。


 以下は「科学塾」の内容について、パンフレットからの抜粋です。

 科学塾とは
 理数クラスを対象とし、理科・数学を通じて、バリエーションに富んだ企業や専門研究機関の研究者との交流、先端技術に触れる実験や演習、大学レベルの内容も視野に入れた講座やイベントを企画運営し、体験を通して理数力を育む場です。科学塾を運営する本校の「科学教育センター」は、高等学校教員を中核として、併設大学などの理科・数学教育関係者が委員として参画し、全学横断的に運営されています。また、近畿大学や研究機関、地域の教育委員会とも連携して活動しています。


 目指すもの
・理数科目に対する興味・関心の深化伸張
・自然科学の探求に必要となる学力基礎
・大学との連携による発展的な科学学習
・プレゼンテーション能力の獲得
・理数系・医療系人材の育成


 SPPの活用
 SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)事業は、文部科学省が理数系教育拡充施策の一環と位置づけている事業です。これにより学校と大学・科学館等の連携が可能になり、通常授業ではできない研究の幅広さと、専門性の高い理数系学習を体験することができます。本校では併設大学に保健医療技術学部を有している利点を生かし、高校時代から大学との連携授業を実施し、上級学校への進学意識の向上と、その知的関心を満たすためのプロジェクトを実施しています。また、工学院大学との教育協定をはじめとした、併設大学以外の大学とも連携の範囲を広げています。


 論理的思考習慣
 高校卒業後を見据え、大学での学びの基本を早期に身につけます。仮説検証型の基本フォームを共通実験フォームとして作成、推論や仮説を立て、検証するという論理的思考習慣が定着します。実験の基本的な考え方はこの手法に基づいています。


 Learning By Teaching
 科学塾では、近隣の小・中学生と対象に理科実験を開催し、本校の生徒が演示実験を行います。年下の子供たちに科学の楽しさを教える過程で、教える側が知識の再確認や新たな発見をすることができます。また、どうすれば分かりやすく伝えることができるかを試行錯誤することで、自然とプレゼンテーション能力が高まります。


 BAL Studio(文京アクティブ・ラーニング・スタジオ)
 昨今注目されているアクティブ・ラーニング(能動的な学び)を実践する場として今年完成しました。学びたいことを、学びたい方法で学ぶための空間です。テーブルを自由にレイアウトし、積極的にディスカッションを行ったり、インターネットで必要資料を検索したりすることができるため、理数クラスの授業や科学塾の活動でも様々に使用されています。


 科学塾の詳細は、 こちら まで。

H23-bunkyo111021setsumei01.jpg

文京学院大学女子中学校・高等学校の校舎です。


平成23年度中学入試結果
応募者数
第1回 2/1(午前入試)
 文理 97名(定員 60名)、特進 95名(定員 30名)
第2回 2/2(午後入試)
 文理 126名(定員 20名)、特進 136名(定員 20名)
第3回 2/3(午後入試)
 文理特進 237名(定員 10名)
第4回 2/4(午後入試)
 文理特進 241名(定員 5名)
第5回 2/5(午後入試)
 文理特進 244名(定員 5名)

受験者数
第1回 2/1
 文理 93名、特進 84名
第2回 2/2
 文理 92名、特進 97名
第3回 2/3
 文理特進 21名
第4回 2/4
 文理特進 16名
第5回 2/5
 文理特進 9名

合格者数
第1回 2/1
 文理 64名、特進 57名
第2回 2/2
 文理 37名、特進 40名
第3回 2/3
 文理特進 7名
第4回 2/4
 文理特進 4名
第5回 2/5
 文理特進 2名

合格最低点
第1回 2/1(200点満点)
 文理 117点、特進 124点
第2回 2/2(200点満点)
 文理 117点、特進 130点
第3回 2/3(300点満点)
 文理特進 151点
第4回 2/4(300点満点)
 文理特進 156点
第5回 2/5(300点満点)
 文理特進 175点


H23-bunkyo111021setsumei02.jpg

体育館です。


平成24年度中学入試について
第1回 2/1(午前入試) 文京学院方式
文理 60名募集、特進 20名募集
手続き締切日 2/2
第2回 2/1(午後入試) 文京学院方式
文理 20名募集、特進 10名募集
手続き締切日 2/3
第3回 2/2(午前入試) 文京学院方式
文理特進 15名募集
手続き締切日 2/5
第4回 2/2(午後入試) 文京学院方式
文理特進 15名募集
手続き締切日 2/5
第5回 2/3(午後入試) 4科目入試
文理特進 5名募集
手続き締切日 2/17
第6回 2/5(午後入試) 4科目入試
文理特進 5名募集
手続き締切日 2/17
※ 文京学院方式…国語(100点)+算数基礎(50点)全員必須、算数・理科・社会・英語、各2題(合計8題)の中から2題(1題25点)以上選択解答。高得点2題(50点)を国語と算数基礎の得点に加算し、合計200点満点となる。
※ 2/1、2/2はそれぞれ午前または午後の1回のみ受験可。


特待入試
全日程で実施
特待生の選考について
第1回〜第4回は、180点以上(200点満点)
第5回、第6回は、260点以上(300点満点)
1年次…入学金・教育充実費全額免除、2年次以降は学年末に資格審査を行い、授業料が全額免除になる。


H23-bunkyo111021setsumei03.jpg

説明会開始直前の会場の様子です。


平成23年度大学入試結果(合格者数)
国公立大3名
 筑波大1名、首都大東京1名、埼玉県立大1名
私立大
 早稲田大1名、慶應義塾大1名、上智大1名、東京理科大1名
 明治大5名、青山学院大7名、立教大3名、法政大7名、学習院大1名、
 文京学院大学135名(進学者数96名)
 文京学院大学への優先入試制度(内部推薦)の資格を得ながら、他大学を一般受験、推薦、AO入試で受験することができる併願推薦制度がある。
卒業生数 400名


 学校説明会等の詳細は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
 
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2011

2011年11月09日

塾対象説明会レポート:女子聖学院中学校

 女子聖学院中学校は北区中里にある女子の完全中高一貫校です。今年で創立106年の伝統を持つキリスト教プロテスタント系のミッションスクールです。今回もクローソンホールが説明会会場でした。クローソンホールは、採光や音響等に配慮された造りになっており、多目的に利用できるホールになっています。

 
女子聖学院の学びの特色
 女子聖学院の教育
学ぶ力の養成を目的とし、生徒とともに過ごす時間[4掛け(しかけ)]
心に掛ける声を掛ける時間を掛ける
望みを掛ける

 
中学校では、
1.主要教科では、こまめに小テストやノート提出を実施
2.少人数授業
英語…中2・3ではクラス2分割
英会話…クラス3分割(習熟度別)、ネイティブ3教師
理科…クラス2分割(中2「実験」授業)
3.放課後学習室・自習室
中1…英語週4日、数学週2日の学習室=“わからない”を放置しない
中2・3…自習室(毎日2h)=英語教師が同席=質問、英語プログラム、英語本多読プロジェクト

 
高等学校では、
1.2年生、3年生の選択授業で大学受験に対応できる学力の養成が行われています
2.3年生は、受験問題に対応した授業が行われています
3.朝7時30分から始業時刻までと空き時間、放課後の17時30分まで「進路自習室」が準備されており、集中して勉強できる空間が用意されています

 必要に応じ、授業担当によって「補習」が実施されています補習は全て無料

 
女子聖学院の進路学習−中学3年生から始まります−
中学3年生…「働くということ」「仕事とは」
高校1年生…「学部学科調べ」−文理選択を踏まえて
高校2年生…「大学訪問」−第一志望校の決定に向けて
高校3年生…「自分に最適な方法での進路獲得」

 
女子聖学院の進路獲得は団体戦−特進クラスのない学校−
女子聖学院は、一人ひとりの賜物を大切に、みんなで一緒に力を伸ばして行く学校です。そのために生まれる学級愛、学年愛によって全員一丸となって自分の進路を見出します。全員のモチベーションが上がるようにクラス編成をします。一人ひとりを大切にした結果が、今年の入試実績に表れています。

 2012年度より、中1のクラス編成が変わります。1クラス35人の6クラス編成になります。中2からは今までと同じ5クラス編成です。

H23-joshiseigakuin111013setsumei01.jpg

女子聖学院のチャペルです。


平成23年度中学入試結果
応募者数
第1回(2/1)
 2科目23名(H22年度18名)、4科目 77名(H22年度120名)
第2回(2/2)
 2科目37名(H22年度31名)、4科目159名(H22年度215名)
第3回(2/3)
 2科目26名(H22年度25名)、4科目158名(H22年度212名)
第4回(2/5)(H22年度2/4)
 4科目149名(H22年度183名)

受験者数
第1回 2科目22名(H22年度18名)、4科目 69名(H22年度102名)
第2回 2科目18名(H22年度20名)、4科目 78名(H22年度129名)
第3回 2科目 8名(H22年度 7名)、4科目 45名(H22年度 50名)
第4回 4科目17名(H22年度24名)

合格者数
第1回 2科目12名(H22年度11名)、4科目 54+1名(H22年度 54名)
第2回 2科目10+1名(H22年度13名)、4科目 66名(H22年度100名)
第3回 2科目 0+3名(H22年度 2+1名)
     4科目 38+1名(H22年度 33+1名)
第4回 4科目14名(H22年度20名)
     +は繰上げ合格者数

入学者数
第1回 2科目10名(H22年度 8名)、4科目50名(H22年度44名)
第2回 2科目 6名(H22年度10名)、4科目36名(H22年度65名)
第3回 2科目 3名(H22年度 2名)、4科目22名(H22年度18名)
第4回 4科目 7名(H22年度17名)

受験者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
第1回 国語65.9点、算数48.6点、社会26.6点、理科25.4点
第2回 国語62.4点、算数40.0点、社会26.6点、理科28.7点
第3回 国語64.3点、算数41.1点、社会30.0点、理科24.7点
第4回 国語59.2点、算数51.1点、社会20.4点、理科17.4点

合格者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
第1回 国語69.6点、算数58.9点、社会29.5点、理科28.2点
第2回 国語65.9点、算数44.0点、社会28.3点、理科30.6点
第3回 国語70.7点、算数46.0点、社会31.2点、理科26.0点
第4回 国語62.4点、算数57.1点、社会23.4点、理科18.5点

合格最低点(2科200点満点、4科300点満点)
第1回 2科目109点(H22年度130点)、4科目151点(H22年度180点)
第2回 2科目 96点(H22年度110点)、4科目135点(H22年度150点)
第3回 2科目103点(H22年度119点)、4科目144点(H22年度158点)
第4回 4科目130点(H22年度145点)

H23-joshiseigakuin111013setsumei02.jpg

女子聖学院の校舎です。


平成24年度入試について
第1回 2/1 60名 2科・4科選択
第2回 2/2 70名 2科・4科選択
第3回 2/3 20名 2科・4科選択
第4回 2/5 10名 2科
(※午後入試)
面接は入学予定者のみ(2/18予定、1月中に発表する)
 繰上げ合格に関して
繰り上げ合格者を出す場合は、2月6日の手続き締切りの後、電話連絡をする予定です。
入試の結果(繰り上げ合格まで)をホームページ上に公表した段階で入試が終了します。
その後に繰り上げ合格を出すことはありません。

A.国語
★ 全体の構成
 〔一〕言葉についての基礎知識を問う問題
 〔二〕小説文
 〔三〕説明文
★ 詳細
 〔一〕1〜3 漢字の読み書き
    4   四字熟語
    5   ことわざ・慣用句
    6   同義語・対義語
    7〜8 言葉のきまり(国文法)
        主語・述語、修飾・被修飾、基本的な文型、形容詞・形容動詞・
        副詞の見分け、助動詞・助詞に関し、用法が同じものを選ぶ、など。
 〔二〕漢字書取・言葉の決まりを除き、読解問題のみに限定。
 〔三〕小説文と同様。

B.算数
★ 全体の構成
〔1〕計算  整数・小数・分数の四則演算、逆算、比など。
〔2〕小問  濃度・速さなどを問う割合に関するもの、面積・体積・角度などに関するもの、分数・小数・整数(倍数約数、剰余)の性質などに関するものといった基本に忠実な問題。
〔3〕小問  一般に鶴亀算・流水算・過不足算などといわれている代表的な入試問題を主とし、多少工夫を要する問題も含まれる。
〔4〕〔5〕  平面図形の長さや面積、立体図形の内容物の体積、量の変化の様子や数列などの規則的変化の道筋をたどる(推理・追跡)問題など、従来から女子聖学院が出題してきた形式の問題から2題出題。
 
例年より問題のレベルをやさしくする。

C.社会
 基本的知識を問う問題を中心に出題します。
 ・地理的分野
 都道府県名およびその位置と特徴を問う問題を毎回出題します。地形・気候・産業など、日本地理の内容を一通り勉強してきて下さい。
 ・歴史的分野
 教科書の内容を中心にして、基本的な歴史の流れを重視します。古代から近現代史まできちんと勉強して下さい。重要人物といわれる
人がどのようなことをした人か、整理しておくとよいでしょう。
 ・公民的分野
 憲法三原則(平和主義・国民主権・基本的人権の尊重)と政治のしくみを重視します。原則として時事問題を答えとして求める出題はありませんが、問題文として最近の新聞記事を用いることがあります。また、以上三分野の出題において、世界の国名を問うことがあります。白地図等を使って世界のおもな国の国名と位置を勉強しておいて下さい。
 
※世界のおもな国々・31カ国
大韓民国(韓国)、朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮、北朝鮮)、中華人民共和国(中国)、モンゴル、ベトナム、タイ、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、インド、イラン(イラン・イスラム共和国)、イラク、サウジアラビア、イスラエル、トルコ、エジプト(エジプト・アラブ共和国)、南アフリカ(南アフリカ共和国)、イギリス、フランス、オランダ、ドイツ(ドイツ連邦共和国)、オーストリア、スペイン、ポルトガル、イタリア、ギリシャ、ロシア(ロシア連邦)、カナダ、アメリカ(アメリカ合衆国)、メキシコ、ブラジル

D.理科
 生物、地学、物理、化学の各分野から1問ずつと、総合的な問題が1問の、計5問が出題されます。
 ・生物分野
 ヒトや動植物のからだのつくりとはたらき、動植物のなかまわけについてよく理解し、用語も正確に覚えてきてください。
 ・地学分野
 地層・火山と岩石、天気の変化、太陽・月・星の動き、季節の星座などを中心に、考え方の理解、知識の整理をバランスよく行ってきてください。
 ・物理分野
 ばね・てこ・ふりこの性質、電気と磁石の性質などについての考え方を中心に基本的な問題が出題されます。
 ・化学分野
 ものの溶け方・燃え方、気体と水溶液の性質などについての、重要実験に関係した問題を中心に出題します。
 ・総合問題
 教科書などに直接は取り扱われていないような事柄を含めて、考える力や資料を読む力を問う問題が出題されます。

H23-joshiseigakuin111013setsumei03.jpg

女子聖学院の正門です。


平成23年度大学入試結果(合格者数)
国公立大6名(H22年度7名)
 電通大1名、東京藝術大2名、千葉大1名、埼玉大1名、県立広島大1名
私立大
 早稲田大4名、慶應義塾大6名、上智大5名、明治大14名、青山学院大7名、立教大9名、中央大2名、法政大2名、学習院大5名 等
卒業生数197名 学校説明会等の詳細は
こちら まで。

 以上です。このレポートが参考になった方は、応援クリックお願いいたします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2011

2011年11月01日

塾対象説明会レポート:十文字中学校

 十文字中学校は、豊島区北大塚ある女子の中高一貫校です。十文字中学校は1922年に文華高等女学校として発足しました。来年の2012年に創立90周年を迎えます。

 新たな取り組みとして、
 カリキュラムの改訂を行ないました今年度4月から全学年一斉に改訂され授業時間数も週34コマから週37コマ(1単位45分)に増やしました
 また、創立90周年事業の一環として新校舎の建設を行います。放課後講習などの拡充に伴い、補習・講習用の教室(多目的室・面談室)を拡充し、カフェテリア(食堂)の新設や1学年分(高3生を予定)普通教室を確保します。その他に、プール・多目的ホール・茶室・合宿用和室等を充実させます。

 クラスは、「進学クラス」「スーパー選抜クラス」になります。「進学クラス」に、「選抜クラス」を中3から1クラス、高1から2クラス設けます。「進学クラス」第一志望大学への進学を、「選抜クラス」上位難関大学への進学を目指します。また、「スーパー選抜クラス」最難関国立大、早慶上理ICU、医・歯・薬学部現役合格を目指します

H23-jumonji111006setsumei01.jpg

十文字中学校の正門と校舎です。


平成23年度中学入試結果
募集定員
第1回(2/1午前) 70名
第2回(2/1午後) 40名
第3回(2/2午前) 90名
第4回(2/4午前) 40名

応募者数
第1回 179名
第2回 412名
第3回 310名
第4回 291名

受験者数
第1回 167名
第2回 399名
第3回 181名
第4回 156名

合格者数
第1回 101名
第2回 211名(153名)
第3回 108名
第4回 112名(70名)
( )内はスーパー選抜クラス内数

特待生数(内数)
第1回  1名
第2回 15名
第3回  0名
第4回  0名

入学者数
第1回 54名
第2回 51名(30名)
第3回 56名
第4回 97名(52名)
( )内はスーパー選抜クラス内数

合格最低点(300点満点)
第1回 179点
第2回 195点(210点)
第3回 174点
第4回 170点(203点)
( )内はスーパー選抜クラス

受験者平均点(国語100点、算数100点、理科50点、社会50点)
第1回
国語71.3点、算数52.8点、理科28.1点、社会33.1点
4科目185.4点
第2回
国語68.0点、算数72.2点、理科31.8点、社会30.1点
4科目202.1点
第3回
国語63.1点、算数61.4点、理科32.6点、社会21.7点
4科目178.8点
第4回
国語72.5点、算数56.9点、理科30.4点、社会23.1点
4科目182.8点

合格者平均点(国語100点、算数100点、社会50点、理科50点)
第1回
国語74.5点、算数55.2点、理科30.4点、社会35.5点
4科目195.6点
第2回
国語71.6点(74.3点)、算数79.8点(83.5点)、理科34.3点
(35.1点)、社会33.3点(35.0点)、4科目219.1点(227.9点)
( )内はスーパー選抜クラス
第3回
国語64.6点、算数62.6点、理科33.0点、社会22.9点
4科目183.1点
第4回
国語74.6点(79.3点)、算数60.6点(71.2点)、理科31.4点
(34.6点)、社会24.1点(26.8点)、4科目190.9点(211.9点)
( )内はスーパー選抜クラス

H23-jumonji111006setsumei02.jpg

5階まで吹き抜けの廊下です。天窓から自然光が入ってきます。


平成24年度中学入試について
第1回 2/1午前 80名募集 4科目
第2回 2/1午後 40名募集 4科目 スーパー選抜クラス入試
第3回 2/1午前 80名募集 4科目
第4回 2/4午前 40名募集 4科目 スーパー選抜クラス入試

第2回入試(午後入試)
 集合時間は14:30とするが、事情がある場合は15:00まで個別に対応する
第2回、第4回入試
 スーパー選抜クラス入試だが、進学クラスへのスライド合格がある
特待入試について
 第1回〜第4回の全ての入試で、当日の入試成績が特に優れた(85%以上)得点者を対象に行う。
複数回同時申込者の特典(通常各回とも¥20,000)
 
同時に2回分の申込の場合、¥35,000
 
同時に3回分の申込の場合、¥40,000
 同時に4回分の申込の場合、¥45,000 とする。

H23-jumonji111006setsumei03.jpg

説明会は1300名を収容できる2階建ての講堂で行われました。


平成23年度大学入試結果(合格者数)
国公立大14名
 東京大1名、東京外大1名、お茶の水女子大1名、東京農工大1名、東京海洋大1名、東京藝大1名、首都大東京大2名、千葉大2名、北海道大1名 等
私立大
 早稲田大13名、慶應義塾大4名、上智大7名、東京理科大10名、明治大14名、青山学院大15名、立教大21名、中央大10名、法政大19名、学習院大14名 等


 12月18日(日)、1月7日(土)10:00〜12:00入試説明会「十文字にチャレンジ!」になります。過去問解説が行われ、入試当日の雰囲気が体験できます。説明会・公開行事情報は こちら まで。


 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

posted by 主宰 at 02:00| Comment(2) | 塾対象説明会レポート2011

2011年10月25日

塾対象説明会レポート:共栄学園中学校

 共栄学園中学校は、葛飾区お花茶屋にある男女共学の中高一貫校です。共栄学園中学校2001年に共学になり2004年に新校舎が完成しました。2008年には創立70周年を迎えました。

 共栄学園では、6ヶ年を短いスパンで区切り、成長の跡が具体的に把握できるよう、身体的、精神的、学力的にそれぞれ達成すべき目標を設定して指導していく一貫教育を行なっています。そのスパンは「前期課程」「中期課程」「後期課程」と分けた指導体制で、前期過程(中1、中2)では、自己探究期として、中学過程を修得します。中期過程(中3、高1)では、自己開発期として、高校過程を修得します。後期課程(高2、高3)では、自己完成期として、大学入試に対応していきます。中学2年や高校2年でよくみられる「中だるみ現象」を解消するとともに、発達段階に応じた適切な指導を行ないます。選抜クラス・特進クラスでは、高校課程から勉学に高い意識を持った他中学からの入学生を受け入れることで、高校から入学してきた生徒達と切磋琢磨してより高いレベルの進路を実現します

 クラスは「特進クラス」「進学クラス」があります。中学3年次までは、授業進度は揃えながら、「特進クラス」では、発展的な問題の研究を積極的に取り入れ「進学クラス」では基礎学力の徹底理解に主眼をおいて授業を進めます。また、「特進クラス」では放課後の「プラス1レッスン」「長期休暇中の特訓講座」「勉強合宿」などが行なわれ(進学クラス生は希望者による自由参加)、高校課程進級時には、「選抜クラス」も設置し、より高い目標を目指します。中2進級時、中3進級時、高校課程進級時に、本人の希望と学力適正により、「進学クラス」から「特進クラス」へ移行することができます。

 クラブ活動も盛んです。中学・高校のバトン部、中学男子テニス部は今年度全国優勝をしました。

H23-kyoei110928setsumei02.jpg

校舎の入口です。


平成23年度中学入試結果
応募者数
第1回特進(2/1午前)
2科目 男子 7名、女子 6名
4科目 男子 2名、女子 7名

第1回進学(2/1午前)
2科目 男子15名、女子25名
4科目 男子 2名、女子 3名

第2回特進(2/1午後)
4科目 男子17名、女子15名

第3回特進(2/2午前)
2科目 男子 7名、女子 6名
4科目 男子 2名、女子 7名

第3回進学(2/2午前)
2科目 男子15名、女子26名
4科目 男子 2名、女子 3名

第4回特進(2/2午後)
4科目 男子16名、女子15名

第5回特進(2/10午前)
2科目 男子 3名、女子 0名
4科目 男子 1名、女子 1名
第5回進学(2/10午前)
2科目 男子 5名、女子 3名
4科目 男子 1名、女子 0名

受験者数
第1回特進(2/1午前)
2科目 男子 6名、女子 6名
4科目 男子 2名、女子 7名

第1回進学(2/1午前)
2科目 男子15名、女子25名
4科目 男子 2名、女子 3名

第2回特進(2/1午後)
4科目 男子14名、女子13名

第3回特進(2/2午前)
2科目 男子 2名、女子 3名
4科目 男子 0名、女子 2名

第3回進学(2/2午前)
2科目 男子 1名、女子 1名
4科目 男子 1名、女子 1名

第4回特進(2/2午後)
4科目 男子 5名、女子 6名

第5回特進(2/10午前)
2科目 男子 3名、女子 0名
4科目 男子 1名、女子 1名

第5回進学(2/10午前)
2科目 男子 3名、女子 1名
4科目 男子 1名、女子 0名

合格者数
第1回特進(2/1午前)
2科目 男子 6名、女子 6名
4科目 男子 2名、女子 7名

第1回進学(2/1午前)
2科目 男子13名、女子25名
4科目 男子 2名、女子 3名

第2回特進(2/1午後)
4科目 男子 9名、女子10名

第3回特進(2/2午前)
2科目 男子 2名、女子 3名
4科目 男子 0名、女子 2名

第3回進学(2/2午前)
2科目 男子 1名、女子 1名
4科目 男子 1名、女子 1名

第4回特進(2/2午後)
4科目 男子 4名、女子 5名

第5回特進(2/10午前)
2科目 男子 3名、女子 0名
4科目 男子 1名、女子 1名

第5回進学(2/10午前)
2科目 男子 3名、女子 1名
4科目 男子 1名、女子 0名

H23-kyoei110928setsumei03.jpg

説明会開始直前の様子です。


平成24年度中学入試について
第1回一般入試 2/1午前
特進クラス25名、進学クラス45名 2科、面接(本人のみ)

第2回特待・特進入試 2/1午後
特進クラス20名 4科、面接(本人のみ)

第3回一般入試 2/2午前
特進クラス10名、進学クラス10名 2科・4科選択、面接(本人のみ)

第4回一般入試 2/4午前
特進クラス5名、進学クラス5名 2科、面接(本人のみ)

受験料
1回につき、2万円。ただし、「第1回と第3回と第4回」を同時に出願した場合、受験料はそれぞれ1回分とします。

特待について
第1回と第3回入試(学力試験・面接試験)において優秀な成績であった受験生に1ヶ年特待生または入学時特待生としての資格を与える。
第2回の特待・特進入試(学力試験・面接試験)において優秀な成績であった受験生に、6ヶ年・4ヶ年・2ヶ年・1ヶ年・入学時特待生としての資格を与える。
・1ヶ年・2ヶ年・4ヶ年・特待生は、学内基準に基づき特待生年限以降の資格継続を行う。
※学年末成績が著しく不振であったり、生活指導上の問題が生じたバ場合は、次年度の特待生資格を取り消すことがある。

H23-kyoei110928setsumei01.jpg

共栄学園の校舎です。


平成23年度大学入試結果(合格者数)
国公立大5名
 電通大1名、東京海洋大2名、埼玉大1名、防衛大学校1名
私立大
 早稲田大2名、慶應義塾大2名、上智大1名、東京理科大9名、明治大7名、青山学院大3名、立教大5名、中央大4名、法政大15名、学習院大1名 等


 受験対策講習会11月6日(日)9:30に開催されます。平成24年度入試問題の傾向と対策についての講習会です。また、第1回の特待クラス・特待生制度説明会11月20日(日)9:30に開催されます。こちらは、実際に特待・特進入試問題の予想問題を体験します。詳細は
こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2011

2011年10月22日

塾対象説明会レポート:土浦日本大学中等教育学校

 土浦日本大学中等教育学校は、茨城県土浦市にある男女共学の完全中高一貫校です。同じ敷地内にある土浦日本大学高等学校とは、別の学校ですが、共同で使われている施設もあります。
 土浦日本大学中等教育学校の特長として、講話教育英国ボーディング・スクールがあります。
 講話教育では、まず中1で、校長先生による道徳の授業が行われます。これは、日本や世界の偉人たちから多くを学ぶこと、日本という国の歴史を通して、そこから、豊かに生きるヒントを得ていくものです。これをベースに、上級学年では、さまざまな機会を得て教師たちが講話指導を行っています。意見を押し付けるのではなく、そこからものを考え、思考力を高める教育スタイルです。
 ボーディング・スクールとは、「寄宿舎学校」「全寮制学校」と訳されますが、教師と生徒が寝食を共にしながら学ぶスタイルの学校を意味します土浦日本大学中等教育学校では、海外への研修旅行をボーディング・スクールと呼び、中2と高1でイギリスに行きます

 進路面では、以下の三つの進路実現に向けて、生徒がチャレンジを行っています。
@海外大学へのチャレンジ
A東大をはじめとした、早慶などの難関大学へのチャレンジ
B日本大学付属校として、6年間の生活を意欲的に取り組んで来た生徒を対象にした日本大学への推薦

 施設面として、来年度から新しいグラウンドが使用できるようになります。学校からバスで5分くらいのところで、体育の授業は2時限連続で行うようになる予定です。


H23-tsuchiuranichidai110929setsumei01.jpg

正門前から見た校舎風景です。


平成23年度中学入試結果
志願者数
推薦 12/11
男子44名、女子41名、合計85名
一般第1回 1/6
4科 男子149名、女子113名、合計262名
一般第2回 1/22
4科 男子29名、女子21名、合計50名
2科 男子 7名、女子 5名、合計12名
帰国・国際生 1/22
男子0名、女子1名、合計1名

受験者数
推薦 12/11
男子41名、女子41名、合計82名
一般第1回 1/6
4科 男子149名、女子111名、合計260名
一般第2回 1/22
4科 男子26名、女子18名、合計44名
2科 男子 7名、女子 5名、合計12名
帰国・国際生 1/22
男子0名、女子1名、合計1名

合格者数
推薦 12/11
男子33名、女子39名、合計72名
一般第1回 1/6
4科 男子99名、女子75名、合計174名
一般第2回 1/22
4科 男子10名、女子 6名、合計16名
2科 男子 1名、女子 4名、合計 5名
帰国・国際生 1/22
男子0名、女子1名、合計1名

合格点ライン(2科200点満点、4科300点満点)
一般第1回 4科 144点
一般第2回 4科 131点、2科 113点

特待合格点ライン
一般第1回 4科 214点
一般第2回 4科 230点、2科 ─

受験者平均点
一般第1回 4科 164.2点
一般第2回 4科 151.5点、2科 96.5点

合格者平均点
一般第1回 4科 184.1点
一般第2回 4科 169.25点、2科 132.0点


H23-tsuchiuranichidai110929setsumei02.jpg

土浦日本大学中等教育学校の校舎です。


平成24年度中学入試について
推薦入試
12/3 総合学力試験、本人面接
一般入試第1回
1/6 国語、算数、理科、社会
一般入試第2回
1/28 国語、算数か、国語、算数、理科、社会の選択
帰国生・国際生入試
1/28 A方式 英語、本人・保護者面接か、B方式 国語、算数、本人面接の選択


H23-tsuchiuranichidai110929setsumei03.jpg

説明会会場のオーディトリアムです。


平成23年度大学入試結果(合格者数)
国公立大21名(H22年度11名)
 筑波大5名、茨城大2名、お茶の水女子大1名、東京学芸大1名、電通大1名、北海道大1名、大阪大1名、横浜市立大1名 等
私立大
 早稲田大5名、慶應義塾大3名、上智大5名、東京理科大13名
明治大2名、青山学院大1名、立教大1名、中央大4名、法政大7名、学習院大2名 等
海外の大学 5名
日本大59名 医学部1名、歯学部1名、松戸歯学部2名、薬学部2名、理工学部8名、生物資源学部4名、法学部7名、文理学部8名、経済学部7名、商学部2名、芸術学部1名、その他16名
3期生卒業生数155名



 最後に、11月20日(日)10:00〜12:00に、第3回受験生・父母対象説明会が行われます申し込みは不要です。学校説明会の詳細は、 こちら  まで。


 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 塾対象説明会レポート2011