左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2014年11月29日

合否を決める一問「H26 東京学芸大学附属世田谷中学校  算数 6」解説

(1)
 Tシャツ1枚とズボン1本を買うと、

 1980+3950=5930(円)

になります。30円につき1点のポイントがつくので、

 5930÷30=197(点) あまり 20

より、197点のポイントがつきます。


答 197点

(2)
 割引券1枚をもらうためには、250点のポイントが必要です。250点のポイントがつくためには、

 30×250=7500(円)

以上の買い物をする必要があります。1種類で7500円以上の金額の商品はありませんから、2種類で7500円以上になる買い方で最も安くなる買い方を調べると、

 Tシャツ1枚とジャンパー1枚
 1980+5700=7680(円)

より、Tシャツ1枚とジャンパー1枚となります。


答 Tシャツ1枚とジャンパー1枚

(3)
 使った金額が最も高くなるようにするには、買う商品の中で一番金額が高い商品に割引券を使うと良いと考えられます。金額の一番高いジャンパーに割引券を使うとすると、金額は10%引きになるので、

 5700×(1−0.1)=5130(円)

となります。残りの金額は、

 10000−5130=4870(円)

です。この金額で、Tシャツとシャツの2種類の商品を買うことができます。よって、ジャンパー(割引券使用)とTシャツとシャツの3種類の商品を買うと全部で、

 5130+1980+2780=9890(円)

になりますから、金額が最も高くなります。よって、ポイントは、

 9890÷30=329(点) あまり 20

より、329点となります。


答 329点
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2014年11月27日

合否を決める一問「H26 東京学芸大学附属世田谷中学校  算数 6」問題と解答

 今回は「H26年度 東京学芸大学附属世田谷中学校 算数 6番」です。現在は、買い物をするときにポイントがつくお店が多くなっています。ポイントがどれくらいつくのか考えたり、割引券を利用するといくらで買い物ができるのか考えたりする機会が増えてきています。また、ポイントがつく条件や、割引券が使える条件に注意しましょう。それでは、がんばって解いてみて下さい!



 あつしさんとゆうじさんは、服を買いにデパートに行きました。デパートでは、現金で支払った金額30円につき1点のポイントがつきます。ポイントを250点ためると、割引券1枚と交換できます。この割引券を渡すと、1つの商品のみ10%割引きで買うことができます。
あつしさんとゆうじさんは、買いたい商品を以下の4種類の中から選ぶことにしました。ただし同じ種類の商品は2つ以上買いません。このとき、次の問いに答えなさい。

26-gakuseta-zu.jpg

(1) Tシャツ1枚とズボン1本を買うとします。このとき、何点のポイントがつくか答えなさい。

(2) あつしさんがいま持っているポイントは0点で、割引券は持っていません。このとき、最も安い金額の買い物で割引券を1枚もらうためには、どのような組み合わせで買えばよいか答えなさい。なお、商品は2種類以上買ってもかまいません。

(3) ゆうじさんは、いま1万円と割引券1枚を持っていますが、持っているポイントは0点です。これらを使って金額が最も高くなるように商品を選んで買ったとき、何点のポイントがつくか答えなさい。また、どのようにして求めたかについて、言葉や図、式を用いて説明しなさい。なお、商品は2種類以上買ってもかまいません。


答え
(1) 197点

(2) Tシャツ1枚とジャンパー1枚

(3) 329点

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2014年11月22日

合否を決める一問「H26 早稲田実業学校中等部  算数 2(1)」問題と解答

 今回は「H26年度 早稲田実業学校中等部 算数 2番(1)」です。この問題は、図形の折り返し」の問題です。図形を折り返したとき、折り返す前の図形と折り返した図形は合同な図形になります。等しい角や等しい長さに注目して考えましょう。それでは、がんばって解いてみて下さい!


26-sojitsu-02-01-qa.jpg

posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問