左の画像をクリックすると、エクセレントゼミナールホームページが新規ウィンドウで表示されます。

主宰のブログの記事をカテゴリー別に見やすいように、カテゴリーページを作成しました。
右の画像をクリックすると、便利なカテゴリーページが新規ウィンドウで開きます。

エクセレントゼミナール ブログカテゴリーページ

 「主宰のブログ」の記事はあなたにとって有益でしたか?
 有益だと思った方は、一日一回、下の各ランキングバナーをクリックしてください
 読者の皆様の応援があるかぎり、「主宰のブログ」を書き続けます!!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ FC2ブログランキングへ 人気ブログランキング

2014年09月18日

合否を決める一問:「H25 雙葉中学校 算数 5」解説

 お金を交換する比率は、旅行中変わらず、手数料は考えないので、初めの金額と最後に残った金額から使った金額に注目します。

 1000ドルは768ユーロですから、1ドルは、

 768÷1000=0.768(ユーロ)

です。よって、250ドルは、

 0.768×250=192(ユーロ)

になります。使ったお金の250ドルと540ユーロの合計をユーロで表すと、

 192+540=732(ユーロ)

です。これを円で表すと、

 130000−47284=82716(円)

ですから、1ユーロは、

 82716÷732=113(円)

です。


答 113円
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2014年09月16日

合否を決める一問:「H25 雙葉中学校 算数 5」問題と解答


 今回は「H25年度 雙葉中学校 算数 5番」です。この問題は外国為替レートの問題です。途中、円をドルに換えるときや、ドルをユーロに換えるとき、わからない金額があるので、初めの所持金13万円と最後に残った47284円に注目して考えると良いでしょう。それでは、がんばって解いてみて下さい!


 海外旅行に行きました。13万円の所持金を、できるだけドルに換(か)えて、残りは円のまま持っていました。最初に250ドルを使いました。次に1000ドルをユーロに換えると,ちょうど768ユーロでした。540ユーロを使い、使わなかったドルもユーロも円に換えると、残りの所持金は全部で47284円でした。1ユーロは何円でしたか。お金を交換(こうかん)するときの比率は、旅行中は変わりません。また、交換の手数料は考えません。割り切れないときは小数第1位を四捨五入しましょう。(式と計算と答え)


答え

113円



posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問

2014年09月02日

合否を決める一問:「H25 吉祥女子中学校 第1回 算数 4」問題と解答

 今回は「H25年度 吉祥女子中学校 第1回 算数 4番」です。この問題は踏切で、警報音が鳴っている時間や、普通電車と急行電車が通過するときの、2台の電車の位置関係などを考える問題です。警報音が鳴り止んだとき、2台の電車の最後尾から最後尾までの距離が最も短くなるときは、普通電車が通過するときの警報音と急行電車が通過するときの警報音が同時に鳴り止んだときです。同じように2台の電車の最後尾から最後尾までの距離が最も長くなるときは、どんな場合か考えてみましょう。それでは、がんばって解いてみて下さい!


25-kicho-01-04-q01a.jpg
25-kicho-01-04-q02a.jpg
25-kicho-01-04-q03a.jpg
posted by 主宰 at 02:00| Comment(0) | 合否を決める一問